HOME/NFT/海を見ながらNFTの魅力を発信!NFTアーティストのリアル展示会を開催中@SANDS CAFE

海を見ながらNFTの魅力を発信!NFTアーティストのリアル展示会を開催中@SANDS CAFE

昨今、耳にすることが増えた「NFTアート」

しかしながらまだ知名度は浅く、また実際に触れる機会が少ないのも現状です。

 

そんな中、材木座にある海の家SANDS CAFE様が7月2日~8月31日までNFTアート展「MASC SANDS COLLECTION」を開催しています。

 

そもそも、NFTアートとはどんなものなのか、実際にアート展へ足を運ぶとともに、今回の展示会について、「MASC SANDS COLLECTION」の主催者である西岡俊司さんに取材してきました!

そもそもNFTアートとは?

NFTとは、Non-Fungible Token(非代替性トークン)の略。

 

これまで、コピーや複製し、量産されていたデジタルデータを「非代替性」にする、つまり唯一無二であることを証明する技術です。唯一無二のデータを証明することで稀少価値が上がり、新しい可能性が広がります。

 

また、物理的に紛失の可能性がないという点もNFTのメリットです。あくまでもデジタル上でのデータであるため、破損や窃盗のリスクを負いません。

 
 

近年では、GMOインターネット株式会社やメルカリのNFT事業である株式会社メルコイン、LINE NFTなど、さまざまな企業もNFT事業に参入しています。

 

主なNFTのジャンルとしては、デジタルアートや音楽、アニメ、不動産など。

 

 

なかでも注目を集めているのが、デジタルアートです。1点ものの価値を見出しやすいということから、市場での売買も活発に動き、高額な取引も増えています。
 
また、デジタルアートは誰でも作品を作ることができるので、元々アーティストではない方や、子どもが作品を出品することも。実際に、小学生が出品したピクセルアートが380万円の価値になったというケースもありました…!

 
 

▼NFTについて詳しくはコチラ
 
落書きのような絵が数億円で落札?!知らなきゃ乗り遅れる、その魅力と活用方法を公開【セミナー事前インタビュー】

MASC SANDS COLLECTIONについて

ウェマー‼️編集部
今回NFTアート展を主催しているMetaArtSocialClubは、どのような団体なのでしょうか?

西岡さん
3人で今年始めたプロジェクトで、実は飲み屋にいるときの会話がきっかけだったんです。飲み屋で話してることって面白い話が多いけど、なかなか実際にやってみようとはならないんですよね。

そんな中で、僕の知り合いにアーティストが多かったことと、最近流行っているNFTやメタバースっておもしろいよねと、エンジニアと話して、実際に開催に至りました。

ウェマー‼️編集部
何気ない会話から、実際に形にするなんてすごいです…!中でもNFTアートに注目されたのはどうしてですか?

西岡さん
もともと僕がアパレルを本業としていて、雑誌系のコミュニティも多かったんです。そうすると、おのずと画家さんの知り合いなども多くなり、展示をやってみようかと。

ウェマー‼️編集部
今回のようなNFTアート展は、初めての開催なのでしょうか?

西岡さん
海の家自体は今年で5年目、展示会を開催するのは初めてです。一般的な展示会や個展はアーティスト目的で来るお客さんが多いですが、ここで開催すれば海の家目的のお客さんでもNFTアートに触れるきっかけになると思ったんです。

アーティストさんも初めて触れるNFTアート

ウェマー‼️編集部
実際に出品されているアーティストさんは、どのような方々なのでしょうか?

西岡さん
今回9名のアーティストが出品し、週替わりで作品を展示しています。アーティストは、デジタルやアクリルなど、得意分野はさまざま。20代前半~40代まで幅広く、男女比率は半々くらいです。

ウェマー‼️編集部
週変わりで作品が見られるとのことで、夏の間、何度か海の家に足を運ぶきっかけにもなりそうですね!アーティストさんは、NFTアートに慣れている方々なのでしょうか?

西岡さん
アーティスト全員、NFTアートは初めてなんです。NFTに興味はあるけど出品の仕方がわからない、リスクが怖くて始めにくい、と悩むアーティストの悩みを解消するため、無料で出品してもらっています。販売経路を無料で提供することによって、お客さんだけでなく、アーティストにもNFTのよさを知ってもらうのが目的です。

ウェマー‼️編集部
無料で新しい取り組みを始められるのは、アーティストさんにとってもすごく助かりますね!

実際に作品を見させていただきました!

海の家 SANDS CAFE内のギャラリースペースに展示されているNFTアートを、実際に見させていただきました。

 

お伺いした日に展示されていたのは、aoさんのNFTアート。

 

写真とイラストを組み合わせた作品や、メインとなる絵に複数種類のペンや色を使っている作品などが展示されていました。なかでも、ひとつの絵にさまざまな表情が読み取れるような作品が印象に残っています

 

NFTアート自体初めて見たのですが、色使いやタッチなど、引き込まれるものがありました。作品の大きさや価格は、アーティストによりさまざまだそうです。

 

中心にある枠に入ったアートはデジタルアートになっており、この展示会のためにディスプレイを埋め込んだとのこと。デジタルアートを得意とするアーティストさんでも出品しやすいよう工夫されていました。

 
ギャラリースペースには、NFTアートの説明や入手方法など、丁寧に解説された説明書のようなものも置いてあります。

 

初めてNFTを購入するお客さんにとって、「購入方法がわからない、むずかしい」ということが何よりものハードル。SANDS CAFEでは、こちらの説明書だけでなく、実際にスタッフが付いて説明してくれます。メタマスクやOpen Seaのアカウント作成方法手順も教えてくださるので、初めての方でも安心です。

 

海の家が終わったあとは、MetaArtSocialClubのアカウントにて販売するとのことです。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

 

今後の事業展開について

ウェマー‼️編集部
今後のNFTや西岡さんの考えている事業などがあれば、教えてください。

西岡さん
まずはこうしたことをきっかけに、アーティストさんが潤えばいいなと思っています。また、今後はアートだけでなく、音楽やアパレル、飲食などと絡めて複合的に集客ができればな、と。あとは、この海の家が終わるまでに次の場所を確保して、また開催したいなと思っています。

ウェマー‼️編集部
具体的に、次の開催地は決まっていらっしゃるのでしょうか?

西岡さん
はい、知り合いの陶芸家と一緒に、陶芸作品などと絡めて新たなことを始めたいなと思っています。また、メタバース上で湘南を作ろうという取り組みも並行して行っているところです。

ウェマー‼️編集部
とても興味深いです!今後の取り組みについても、またお話しを伺えたらいいなと思います。

まとめ

 

買う側にとっても、売る側にとってもなかなか手が出しづらかったNFTアート。それを、海の家という身近な場所で、且つアーティストさんからしてもリスク無く販売できるのは、とてもいい企画だと思います!

 

なにより、バイタリティあふれる西岡さんのお話しを伺い、NFTやメタバースのハードルを下げ、少しでも多くの人に知ってもらいたいという熱意を強く感じました。

 

「MASC SANDS COLLECTION」は、8月31日まで開催されているので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

 
 

SANDS CAFE
 

〒248-0013 神奈川県鎌倉市材木座5丁目 

営業時間:9:00-22:00

 

SANDS CAFE Instagram:https://www.instagram.com/sands_cafe_kamakura/

MetaArtSocialClub Instagram:https://www.instagram.com/masc_japan/

ライタープロフィール

有山友菜
有山友菜
お酒と食べることが大好きな、フリーライター・校正者。料理コラムやレシピ、湘南地域情報など、さまざまな記事に携わっています。

RECOMMENDこちらの記事も人気です!