Web広告運用を代理店に頼むメリット/デメリット


Pocket

自社サービスや自社商品をWeb広告運用したいけど、どうやってWeb広告を運用すればいいのか…
なんて事があると思います。

今回はWeb広告を代理店に依頼するメリットと、デメリットを詳しく紹介していきます。

Web広告運用を代理店に頼むメリット

Web広告運用を代理店に頼むメリット/デメリット

まず初めに、Web広告の運用を代理店に頼むメリットをご紹介します。

社内リソースが不要になる

Web広告は複雑で、ノウハウが必要です。
更に初期設定や、運用のための新規アカウント作成なども行わずに済みます。

Web広告の運用はリソースが結構必要なため、会社によってはなるべく時間と労力をかけたくない作業内容です。

Point
WebやIT関係がとても苦手な方や、社内がとても忙しく広告を運用する余裕がない場合などは広告運用を代理店に頼むのがいいかもしれません。

代理店のみが使える/β版機能やGoogleのサポートなどがある

Google広告の機能の一部に検索広告に画像を表示させる機能がありますが、画像を表示させる機能は全てのアカウントができるわけではありません。

その為、広告運用を代理店に依頼する事で広告の見栄えが更によくなる場合もあります

最新のノウハウ/手法で運用してもらえる

Googleは昔から同じルールで検索順位の設定を行っていません
広告も同じく、新しいルールによって広告が運用されています。

新しいルールの設定により、全てのユーザーがよりGoogleの検索エンジンが使いやすくなります。

広告を運用しビジネスの効率を上げなければいけない状態でも、Googleのルールが変更されてしまった場合そのルールに沿って運用しなければいけません。

広告運用の代理店ではGoogleの最新情報に基づいて広告を運用していますので、いつでも最新のノウハウで広告を運用してくれます。

Point
広告の再設定で時間を消費してしまい、設定の方法がよくない場合は広告の運用パフォーマンスが低下してしまう場合もあります。

様々な施策を提案してもらえる場合がある

Web広告運用の代理店では広告の運用だけを行っているわけではなくWebサイトやランディングページの改善サイトの詳細設定を行ってくれる代理店も存在します。

Web広告以外の箇所を最適化する事で、Webサイトのパフォーマンスを更にあげることもできます。

もしWebサイトの改修を検討している方は、Webサイトの改修と広告の運用を行ってくれる代理店を探すといいかもしれません。

Web広告運用を代理店に頼むデメリット

Web広告運用を代理店に頼むメリット/デメリット

次にWeb広告運用を代理店に頼むデメリットを紹介します。

代行依頼に費用がかかる

Web広告運用を代理店に頼むと広告の運用に必要な時間を大幅に削減する事ができますが、広告の運用費が必要です。
社内で広告の運用が可能であれば、代理店に支払う金額も広告費として運用することなども可能です。

広告の運用は継続的なので、代理店に支払う金額も継続的です。

ノウハウが社内に蓄積されない

広告運用にはノウハウが必要です。
代理店に頼むと広告に関するノウハウが全く社内に蓄積されません。

対応スピードが自社で行うよりも遅い場合が多い

会社内で思わぬハプニングや、方向性の変換があります。
そういった場合、運用している広告にも影響がある場合があります。

広告の内容の変更が発生した際、迅速な対応が難しい可能性があります。
広告の代理店が休みの場合は、更に対応が遅くなってしまいます。

Web広告運用代行会社の選び方

Web広告運用を代理店に頼むメリット/デメリット

広告の運用を代理店に依頼する際、どのような観点を参考に選べばいいのかを紹介します。

自社と類似したサービス/商材の実績があるか

自社のサービスや商品を広告で運用を考えているのであれば、自社と類似したサービスや商品の広告を探してみましょう。
既存の広告を確認する事で広告の参考にする事ができます。

更に代理店や広告運用者の実績に、自社サービスや商品に類似した広告を運用した実績があるかの確認もすると更に良いです。

運用アカウントの所有権を確認する

広告を運用するアカウントは、複数の人と共有する事ができます。
広告を運用するアカウントを共有してくれるのか、もしくは自社のアカウントで運用してくれるのか。

こういったことも確認の観点として見ておきましょう。

Point
広告の運用アカウントを共有してもらうことで、広告のパフォーマンスの確認や設定を確認する事ができます。代理店が運用を適切に行っているかの確認も行えるので、しっかり確認できる状態にしておきましょう

広告運用の体制や、運用担当者との相性

広告の運用をする際、フィーリングが必要です。
自社サービスもしくは自社商品をWeb広告によって宣伝する際、顧客ターゲットを設定する際にフィーリングが合わないと最適に広告の設定を行う事ができません

フィーリングをしっかり行う事で、希望通りのマーケティング対策を行う事ができます。

Point
広告の運用担当者がどのような動きをしているのか。広告代理店はどのようなフローで動いているかの確認はとても重要な項目となります。

【結論】Web広告運用代行は費用対効果を考えて依頼しましょう

Web広告運用を代理店に頼むメリット/デメリット

Web広告を代理店に任せ、運用に使用した費用以上に効果が戻ってくるのかをしっかり考えましょう。
広告費は毎月支出として出て行くので、計画的に広告の運用を行いましょう。

 

ライタープロフィール

勝原 潤
勝原 潤株式会社ウィニングフィールド 代表取締役
富山県出身。通信機器の販売代理店~エンタメ・雑誌・広告業界~外資系広告代理店のデジタルマーケティング部を経て起業に至る。現在は中小企業・店舗、物販通販事業者、個人事業主を中心にWebの広告運用代行事業やWebコンサルティングとWebマーケター養成講座の開講、動画コンテンツ販売などを展開中。

<認定資格>
Yahoo!リスティング広告認定プロフェッショナル
Google Partner(Google AdWords 認定資格)
Googleインドアビューセールスパートナー
Pocket

Webマーケティングをもっと楽しみたい方へ
ウェマー!!オンラインサロン

湘南・鎌倉界隈で開催するWebマーケティング&集客勉強会『ウェマー!!』。そのリアルイベントから派生したオンラインサロンです。堅苦しくなく、ゆるい雰囲気でWebを学び合う部活動のようなコミュニティを目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA