結婚×マーケティング⑤「最後の一押し!」


今日まで4話に渡ってお届けしました「結婚×マーケティング」ですが、今回で最終回になります。
前回までは、気づき→共感→解決策→限定性のメリットまでをお話しました。それらを踏まえて今回は「最後の一押し」についてご紹介します!

※このコラムは、バツイチ筆者が勝手に結婚に近づくためにマーケティングを参考に考察したものです!参考にしてみてください。

重要なポイントは5つ

 前回のおさらい!前回は共感することの重要性について記述しました。ユーザーの悩みに気づかせ、共感することはその後にステップにおいても大切で、商品購入へと繋がります。

 そんな潜在層マーケティングに欠かせない記事広告ですが、作成には5つの重要なポイントがあります。

  • 気づき
  • 共感
  • 解決
  • メリットや限定性
  • 最後の一押し

です。前回は解決と限定性のメリットをうまく伝える方法をご紹介しました。次のステップは「最後の一押し」になります。

ここまで、結婚について刷り合わせをすることの大切さについてご紹介してきましたが、結婚に対する価値観を話し合ったら最後に一押しがあると、より結婚が近づきます。

人は損を避ける傾向にある

人は、心理的に得する話に乗るよりも損をしない話に乗ろうとする傾向にあります。これは行動経済学でもよく話される話で、多くの人に当てはまります。

これを最後の一押しに利用するのですが、マーケティングにおいての方法は「あと何時間で割引終了!」などの横にカウントダウンの表示を追加したり「期間限定!」を強調するようなビジュアルにすることです。

ちなみに記事広告ではビジュアルも非常に重要で、ファーストインプレッションを大切にするべきと言われています。

結婚への最後の一押し

さてマーケティングにおいての最後の一押しについてはお伝えしましたが、結婚に必要な「一押し」を考えてみましょう。

最後に「結婚したい!」「結婚に興味が湧いた」と思ってもらえるような一押しに必要なのは、友人の結婚式に出席したり、実際に結婚している人の話を聞くことも有効でしょう。

独身の女性が良く話しているのを耳にするのですが、結婚式に出席すると一気に結婚願望が上がることがあります。また男性でも、身近な友人の結婚式に出席することで、結婚に対するイメージがリアルになります。

身近な友人の決断に背中を押されることの影響力は大きなものですね!

結婚に対してポジティブになってもらおう!

マーケティングにおいて、記事広告通して商品に興味を持ってもらい、ユーザーに気持ちよく商品を購入してもらうことが一番大切です。

購入すれば悩みの解決に繋がることをうまくアピールし、ユーザーに商品を魅力的に見せることができれば自ずと、商品購入率は上がります。

結婚もこの記事広告作成のポイントと似ていると私は考えます。

結婚に前向きではない相手に対して「結婚したい」という気持ちを持ってもらうためには、価値観を押し付けるのではなく、共有することが大切です。

これから長い結婚生活を送るには、様々な問題が起きることもあるでしょう。

起こった問題を解決するには「共感すること」「解決策を提示すること」が相手に寄り添うことに繋がります。

 結婚後の生活に備えて、まずは結婚に対する価値観を合わせることが最初の課題です。この段階から二人の価値観をする合わせることに慣れておきましょう。

今結婚したい人へ

全5回に渡って「結婚×マーケティング」について考察してきました。

今、結婚のタイミングを逃したり、相手が結婚に前向きではないことで悩んでしまうこともあります。

結婚に対して前向きならない相手と無理やり結婚しても、問題が起こった時に解決することが困難になってしまいます。

相手と一緒の熱量を持って結婚に進むことで、これから先何があっても「この人となら!」と思えるでしょう。

焦らず、でもちょっとプッシュしながらお付き合いを楽しむ姿勢を大切にしましょう!

ライター 小屋畑


結婚と離婚・再婚を経験している30代ライター
猫とレモンサワーが大好物
ライターとして日々勉強中。

Webマーケティングをもっと楽しみたい方へ
ウェマー!!オンラインサロン

湘南・鎌倉界隈で開催するWebマーケティング&集客勉強会『ウェマー!!』。そのリアルイベントから派生したオンラインサロンです。堅苦しくなく、ゆるい雰囲気でWebを学び合う部活動のようなコミュニティを目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA