HOME/コラム/「他の人はこちらも検索」 は削除できる? 個人情報は?徹底解説!

「他の人はこちらも検索」 は削除できる? 個人情報は?徹底解説!

「近くにいいお店ないかな…」と、検索してみるとなぜか最寄りの名前などで
『他の人はこちらも検索』と出て、なんだかちょっと怖くなったことはありませんか?
 
個人情報が全て抜かれているのでは?
と思いがちですが、心配しないで大丈夫です。

他の人はこちらも検索 例
弊社(鎌倉)でラーメンを調べた後に表示された他の人はこちらも検索
 
この記事で、Googleが行っていることが分かるので
安心して検索を行ってもらえるようになるでしょう。

他の人はこちらも検索 とは?

他の人はこちらも検索とは、Googleの検索画面で表示される
関連するであろうキーワードを表示してくれる機能です。
 
なので、検索意図が明確なもの(例えば弊社の名前で検索する等)だと
表示されないこともあります。
 
詳細は発表されていませんが
基本的には検索を行ったユーザーの位置情報や、検索した意図を
Googleが判断し、過去に他のユーザーが検索したキーワードを表示してくれる 機能です。
 

元々はスマホ用機能⁉
2017年1月頃にスマホで存在が確認され
2018年2月頃にPCでも表示されるようになったそうです。

他の人はこちらも検索の目的はユーザーの為?

この他の人はこちらも検索機能が出来た理由としては
ユーザーの為ではないか、と考えられています。
 
Googleは自社の理念として

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

引用:Google が掲げる 10 の事実
 
というものを掲げています。
 
これはもちろん、Google自身にもメリットのある内容で
Googleでユーザーの悩みが解決する=ユーザーに必要とされる
ということになるわけです。
 
つまり、この機能は何かしらプライバシーを侵害することや
個人情報を抜き取る為に存在しているような機能ではなく
今までGoogleを利用してきた無数のユーザーの行動データを元に構築された機能
言ってしまえばGoogle側が良かれと思って行っている機能の1つです。
他の人はこちらも検索の目的

他の人はこちらも検索はChromeであれば無効にできる

他の人はこちらも検索機能は
PCでブラウザがGoogle Chromeであれば表示を消すことができます。
 
その際にはGoogle Chromeの“拡張機能”から
『No Search For』という表示を消す無料の機能を追加する必要があります。
 
拡張機能とはChromeに新しく追加で機能を増やしてくれる機能で
自分好みにブラウザをカスタマイズすることができます。
 

※無効にできるのはPCでのChromeだけ
Chrome以外のブラウザや、スマホアプリの場合は
無効にすることは現時点ではできないようです。

No Search For をChromeに導入する方法

No Search Forは簡単に追加できるので
「他の人はこちらも検索」機能を無効にしたい場合には
以下の手順に沿って追加してください。
 

  • ①Google ウェブストアのNo Search Forにアクセス、
    右上「Chromeに追加」をクリック
    Googleウェブストア No Search For
  • ②「No Search For」を追加しますか?と表示されたら“拡張機能を追加”をクリック
    No Search For拡張機能を追加ボタン
  • ③使用しているGoogleアカウント全てで
    No Search Forを使用する場合は、「同期を有効にするをクリック」
    No Search Forの同期の設定

他の人はこちらも検索が表示されるタイミング

現在、「他の人はこちらも検索」機能で表示されるタイミングは2種類あり
 

  • 検索して表示されたページを訪れて戻ったタイミング
  • 最初から表示されている

 
このどちらかのタイミングで表示されます。

検索して表示されたページを訪れて戻ったタイミング

検索したのちに、検索結果に掲載されたページへ訪れた後に
ブラウザの戻るボタンで検索画面に戻ったタイミングで
表示されます。

 
このタイミングで表示されることで、誤操作をしてしまい
煩わしさを感じた人もいるのではないでしょうか?
 
ちなみに、冒頭の画像は「ラーメン」と検索した後に
一度検索ページに戻ったタイミングで表示されたものです。
 
その際には弊社近く(鎌倉)が候補に出ていたので
位置情報もGoogleは認識して表示していると考えてもいいでしょう。

他の人はこちらも検索 例
弊社(鎌倉)でラーメンを調べた後に表示された他の人はこちらも検索

最初から表示されている

検索する語句の範囲が広い時などによく表示されています。
 
多少絞り込んでくれるので
自分が知らなかった単語なども記載されており
結果的に、的確な質問へとたどり着ける場合もあります。
 
下の画像は「webマーケティング」と調べた時に表示されたものです。
webマーケティングと検索した際の他の人はこちらも検索

プライバシーや個人情報は本当に大丈夫?

現状、Googleから明言されていない以上、完璧だとは言えません
気にするような必要はないと言えるでしょう。
 
まれに、自身が検索した履歴が残っているせいで表示されている
と勘違いしている人はいますが
そのような表示のされ方が起きたことを計測したことは無いようです。
 
また、位置情報などはそれぞれのPCやスマホで設定できるので
気になる場合は解除してしまえば問題ありません。
 
近年、インターネット上での個人情報の取り扱いは厳しくなっており
Googleも例外ではありません。
 
特にAppleは個人情報保護の方向に大きく舵を取り
「トラッキング」について表示された人も多くいるのではないでしょうか?
 
もし、気になる場合は以下の記事に細かく書いてあるので
合わせて読んでしっかりと理解しておきましょう。
 
※個人情報保護のためのトラッキング機能について詳しくはこちら

広告に大きく影響するトラッキングとは?アプリで出る表示はオフにするべき?

こちらの記事をお読みの方におすすめのダウンロード資料

               

Webマーケティング講座比較資料                

                 

「Webマーケティングの独学は難しすぎる」と感じている人は講座がおすすめ!
だけど講座も色々ありすぎて何を選んだらいいかわからない、、、そんな人の為に比較資料を作成してみました。                  

                  資料をダウンロードする

ライタープロフィール

勝原 潤
勝原 潤株式会社ウィニングフィールド 代表取締役
富山県出身。通信機器の販売代理店~エンタメ・雑誌・広告業界~外資系広告代理店のデジタルマーケティング部を経て起業に至る。現在は中小企業・店舗、物販通販事業者、個人事業主を中心にWebの広告運用代行事業やWebコンサルティングとWebマーケター養成講座の開講、動画コンテンツ販売などを展開中。

<認定資格>
Yahoo!リスティング広告認定プロフェッショナル
Google Partner(Google AdWords 認定資格)
Googleインドアビューセールスパートナー

RECOMMENDこちらの記事も人気です!