HOME/Instagram広告/Instagram(インスタ)宣伝 とは?お金はかかる? 個人でもできる? 徹底解説

Instagram(インスタ)宣伝 とは?お金はかかる? 個人でもできる? 徹底解説

Instagramに自身が投稿した時に出る「投稿を宣伝」という文言が
気になったことのある人もいるのではないでしょうか?

この投稿を宣伝する機能、少しだけ通常の広告とは違うのをご存じでしたか?

 
比較的簡単にアカウントを成長させることに活用できるので
しっかりと理解し、
伸び悩んでいるアカウントの新たな戦術として取り入れれば
現状を打破することも出来る
でしょう。

インスタの投稿を宣伝とは、個人でも手軽な広告

Instagramの投稿の宣伝機能はざっくり言ってしまうと、
自身の投稿を元にした広告の出稿機能ということになります。
 
自身の投稿を元に出稿できるのでとても楽で
難しい設定などがなくても優秀な広告のAIが自動的に
効率よく配信してくれます。
 
ハードルを高く感じがちな広告出稿も、
この、投稿を宣伝機能であれば思っていた以上にすんなりと
設定が終わってしまう
ので特別な知識がなくても
個人で問題なく活用することが出来るでしょう。

Instagram広告と投稿を宣伝との違いは手軽さ

InstagramがFacebookの傘下である事から本来は、広告を出稿しようと思ったときは
Facebookから広告を出稿することになり、その際に使う
広告アカウントの作成や、クリエイティブの作成、広告文の設定…などなど
初めてでは難しく感じるタイミングが山ほどあります。
 
しかし、この宣伝機能にはそれらの作成や設定がいりません。
もちろん、その分機能は制限されてしまいますが
直接、何かを販売したい、というような目的ではなく
単純にアカウントの成長を促したい場合には十分な機能でしょう。
 
※もし、しっかりと広告をビジネスに直結させたい場合は
こちらの記事でFacebook広告の基本を学ぶことをお勧めします。

Facebook広告の概要

インスタ宣伝機能でできる事

宣伝機能では掲載面においては
 

  • フィード(タイムライン)
  • ストーリーズ
  • リール

  • に広告として投稿を載せることが出来ます。
     
    ※Instagramの投稿の種類について詳しくはこちら

    Instagramの投稿コンテンツの種類と特徴

     
    さらに、ターゲットもある程度絞ることも出来るので
    自分の見せたい相手に投稿を見せることが出来ます。

    宣伝機能が表示されず、できない場合

    投稿を宣伝できない場合
    インスタで投稿を宣伝しようと思っても、「投稿を宣伝」のタブが表示されずできない、
    という方もいるかもしれませんがご安心ください。
     
    こちら、公式から

    この機能はInstagramのビジネスアカウントまたは
    クリエイターアカウントでのみ利用できます。
    引用:アカウントセンターを使ってInstagram投稿を宣伝する

    このようにアナウンスされている通り、Instagramのアカウントを一般アカウントから
    プロアカウントに設定を変える必要があります。
     

    ※ビジネスアカウント設定は無料
    Instagramを一般のアカウントからプロアカウントのビジネスアカウントや
    クリエイターアカウントにするのにお金はかかりません。
    単純に、一般の人が使う以上に分析しやすい機能や
    広告機能が追加されるだけです。

    宣伝機能にかかる料金

    宣伝機能は残念ながら無料で使うことはできません。
     
    投稿自体はどのアカウントでも無料でできるため、紛らわしいですが
    多くの人に広告として配信する際にお金がかかってしまう、ということです。
     
    しかし、広告自体は1ドル(日本円で100~200円)から出稿することが出来るので
    お試しで出稿する分にも、少額でテストすることが出来ます。
     
    これは宣伝機能に限ったことではなく、Instagram広告自体がそのようになっているので
    もともと、テスト配信や少額の利用でも向いている広告出稿媒体でもあります。
     
    ※Instagram広告の料金について詳しくはこちら

    Instagram-stories-ads

    Instagram(インスタグラム)広告の費用は100円から? 広告費用や種類について

    投稿を宣伝機能のメリット・デメリット

    良いことばかりのように見えてしまう投稿を宣伝機能ですが
    さすがにいいことばかりではありません。
     
    しっかりと自身の目的に合わせて活用していきましょう。

    メリット

    インスタの投稿を宣伝機能では主に
     

    • 気軽に出稿できる
    • ユーザーで先にテストできる
    • 確実に表示回数を増やせる


     
    というところが挙げられるでしょう。
    それぞれ、掘り下げて解説していきます。

    気軽に出稿できる

    これは設定のみの話ではなく、広告を出そうと思ったときに
    どんな画像、動画を出すか、というのはプロでも常に迷い、考えています。
     
    それが自身の投稿を元に出稿できるのでこんなに手軽なことは広告では
    一般的にはあり得ないと言えるでしょう。

    フォロワーで先にテストできる

    少し、正しい表現ではないかもしれませんが、自身の投稿が
    どれくらいの反応がもらえるのかを一般投稿で試してから出稿するということが出来ます。
     
    「広告を出したところでリアクションがあるだろうか?」と悩んでいる方も
    既にリアクションが多くついている投稿であれば自信をもって
    出稿することが出来、リアクションをもらえる可能性も高いでしょう。

    確実に表示回数を増やせる

    現在のインスタ広告の機能として、表示回数が全く増えない
    ということはよっぽどのことが無いとあり得ないと言えるでしょう。
     
    もちろん、ターゲットを極端に絞り込みすぎれば表示されないかもしれませんが
    基本的には自動で1番効果が高そうなユーザーに表示してくれるので
    出稿してみたけれど何も起きない、ということはまず起きないでしょう。

    デメリット

    インスタの投稿を宣伝機能では
     

    • お金がかかる
    • 場合によって嫌われる
    • 最低限の知識はあったほうがいい

     
    というのがデメリットとして挙げられるでしょう。
    それぞれ掘り下げていきます。

    お金がかかる

    当然ですが広告なので有料となってしまいます。
     
    しっかりと目標や目的をもって、なんのために出稿するのか
    どこでマネタイズするのかを考えなければ無駄なお金を垂れ流すことになるので
    戦略を持ったうえで行う事をおすすめします。

    場合によって嫌われる

    いまだにWeb広告を嫌う人はそれなりに多いのが現状です。
     
    しかし、それは望まぬユーザーに望まぬものを無理やり押し付けるので
    イメージが悪くなっているのであって
    本来広告は
    「望んでいる人に、望んでいるものを、望んでいるタイミングに届けるサービス」です。
     
    この原則を理解せずに誰彼構わず押し付ける事をしなければ
    たとえ嫌われたとしても、それはこちらも望まぬユーザーなので
    気にする必要はないでしょう。

    最低限の知識はあったほうがいい

    web広告運用はそもそも、1度出して終わりのものではありません。
     
    何度もクリエイティブを繰り返し出稿し、様々なターゲティングを試し
    最適なものを見つける作業が必要になります。
     
    その際にどのように行えば効率的なのかは、しっかりと知っておくべき必要があります。
     
    投稿を宣伝機能は比較的、気軽に広告を出稿できるサービスではありますが
    効果を最大化させるためにもWeb広告の基本は知っておきましょう。
     
    ※Web広告の全体的な流れをざっくりと学ぶ際にはこちらの記事がおすすめです。

    インターネット集客における全体像とポイントを解説

    投稿の宣伝を出稿する3ステップ

    宣伝を出稿するために行うことは
     

    • 事前準備
    • プロアカウントの設定
    • 広告の設定

     
    の3段階です。
     
    それぞれ、説明していきます。

    事前準備

    Instagram 宣伝機能を使うためには事前に
     

    • Facebookの個人アカウント
    • Instagramアカウント
    • Instagramでの投稿

     
    が必要になります。
     
    それぞれ、特に難しいこともなく、準備することが出来るかと思うので
    事前に用意しておきましょう。

    ※Facebookに連携できるInstagramは1つまで
    もし、既にFacebookを他のInstagramアカウントと連携している場合、
    宣伝の際にその連携は解除されます。
    更に、既存のアカウントの投稿を
    新規アカウントから投稿する事も出来ないので気をつけましょう。

    プロアカウントの設定方法

    Instagramが一般アカウントの場合、
    プロアカウントへ変更する設定を行う必要があります。
    以下では、手順を紹介させていただきます。
     
    ※既に設定してある場合は次の広告の設定に進んでください。
     
    ①Instagramアプリを開き、右上の『三』と書かれている部分をタップし、「設定をタップ」
    Instagramプロアカウントの作成方法①
    ②設定画面で「アカウント」をタップし、表示された画面を1番下までスクロール
    Instagramプロアカウントの作成方法①
    ③最下部にある「プロアカウントに切り替える」をタップし、
    「次へ」を押していきます。

    ※画像は既にプロアカウントを持っているので少し表示が違います。
    Instagramプロアカウントの作成方法③
    ④カテゴリとクリエイターかビジネスかを選択
    Instagramプロアカウントの作成方法④
    ⑤プロフィールの詳細を入力し、
    プロフェッショナルツールをチェックをタップすると宣伝機能が使えます。

    Instagramプロアカウントの作成方法⑤

    広告の設定

    Instagramで宣伝機能を使う具体的な手順を説明していきます。
     
    ①自身の投稿ページへ行き、宣伝したい投稿を選び「投稿を宣伝」をタップ
    自動的に投稿が選ばれるので「宣伝」をタップします。

    投稿の宣伝の設定①
    ②宣伝によって達成したい目標を選択し、配信したいターゲットの設定をします。
    ウェブサイトへのアクセス増加の場合、ウェブサイトを入力し、アクションボタンの設定を行います。
    投稿の宣伝の設定②
    ③予算と掲載期間の設定を行い、最後に広告の確認をして設定は終了です。
    投稿の宣伝の設定③

    Facebook個人アカウントとの連携を促されます
    投稿を宣伝機能を使う際にFacebookとの連携を促されるので
    まだ連携を行っていない場合はするようにしましょう。

こちらの記事をお読みの方におすすめのダウンロード資料

Facebookマーケティング
プロフェッショナルガイドブック

Facebook広告は、高精度なターゲティングと配信最適化機能を持つFacebookの広告配信プラットフォームです。
友達や家族とつながり、写真や動画、近況を共有(シェア)できる世界最大のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)であるFacebookを基盤とした、 高いターゲティング精度やリーチ数の多さが特徴です。

資料をダウンロードする

ライタープロフィール

勝原 潤
勝原 潤株式会社ウィニングフィールド 代表取締役
富山県出身。通信機器の販売代理店~エンタメ・雑誌・広告業界~外資系広告代理店のデジタルマーケティング部を経て起業に至る。現在は中小企業・店舗、物販通販事業者、個人事業主を中心にWebの広告運用代行事業やWebコンサルティングとWebマーケター養成講座の開講、動画コンテンツ販売などを展開中。

<認定資格>
Yahoo!リスティング広告認定プロフェッショナル
Google Partner(Google AdWords 認定資格)
Googleインドアビューセールスパートナー

RECOMMENDこちらの記事も人気です!