HOME/Instagram広告/Instagram(インスタグラム)広告の費用は100円から? 広告費用や種類について

Instagram(インスタグラム)広告の費用は100円から? 広告費用や種類について

Instagram-stories-ads

「Instagram広告の料金は高そう…」と思っていませんか?
実際のところ、特に手数料などはかからずに
1ドル(100円程度)という少額から個人でも広告を気軽に出すことのできるInstagram。   インターネットを使った広告について何も知らない人でも、この記事を読み終わるころにはInstagram広告がとても身近なものになっているでしょう
  実際、弊社のクライアントでも少額のテストから本格的な運用に利用する企業様も多く
プロから見ても、とても重要な広告プラットフォームがInstagramとなっています。

 
※個人でアカウントを成長させたい場合は投稿の宣伝機能がおすすめです。

Instagram(インスタ)宣伝 とは?お金はかかる? 個人でもできる? 徹底解説

Instagram広告の料金の発生タイミングは4種類

Instagram広告は1ドル(100円程度)から始めることができ、手数料を取られる、ということもなく料金が発生するタイミングは以下の4種類となっています。

課金方式名称 課金タイミング
CPC 課金 広告がクリックされたときに課金される方式
CPV 課金 動画が再生された回数や10秒以上視聴されたとき
または最後まで動画が視聴された時に課金される方式
CPI 課金 アプリケーションがインストールされるごとに
課金される方式
CPM 課金 ユーザーに広告が1,000回表示されるごとに課金される方式
  それぞれ、詳しく掘り下げていきましょう。

CPC課金 クリックされるたびに費用が発生

CPCとはCost Per Click(費用/クリック)の頭文字をとった略語で、 広告がクリックされるごとに課金される方式です。

 

広告表示されても、クリックされない限り課金されることがないため、
サイトへの誘導や商品・サービスの販売を目的とした広告に適した配信形式です。

  直接販売までつなげられるWeb広告ならではの機能で、費用対効果が比較的高いのが特徴です。

CPV課金 動画が視聴されるたびに費用が発生

CPVとはCost Per View(費用/視聴回数)の略で、
動画が再生された回数や、10秒以上配信されたとき または最後まで動画が視聴されたときに課金される方式です。 です。

 

興味を持ったユーザーのみが視聴した時に課金される為、
動画を使用した認知/拡散を行いたいときに適した配信方法です。

CPI課金 アプリがインストールされるたびに費用が発生

CPIとはCost Per Installの略で、 アプリケーションがインストールするごとに 課金される方式です。
特にインストールされた時点で費用が発生するアプリの場合、費用対効果が比較的高く
アプリを販売したい方にはおすすめの配信方法となっています。

CPM課金 1000回表示されると費用が発生

CPMとはCost Per Mille(費用/1000)の略で、 ユーザーに広告が1,000回表示されるごとに課金される方式です。
  より多くの人に広告を見てもらいたい、という 認知やリーチを目的とした際のアプローチに適しています。

 

Instagram広告では、 すべての配信面で使用できる課金形式となります。

Instagramストーリーズ広告の最低出稿価格は?

Instagram広告の最低出稿金額は100円からとなっています。

 

上記の課金タイミング以外に広告費用は掛からないので、
多くの企業や、個人でも取り組みやすい価格設定となってはいますが、
  あまり安い金額になってしまうと、広告のデータをとるにしても表示回数が少なくなってしまうので
 
もちろん、活用方法にもよりますが
出来れば、最低でも月に3~10万円程度は準備していた方がいいでしょう。

※企業であれば月30万~がおすすめです。
弊社クライアント様の場合、中小企業の方からのご依頼が多いため、
最初は30万~50万円くらいで出稿される方が多いです。
  ただし、Instagram広告の場合、バナーなどの画像の製作費もかかることが必須となるので、
広告費のみではなく、製作費をしっかりとご準備していただいた方がうまくいくケースが多くなっています。

Instagram広告の種類はざっくり4種類

Instagramにはそれぞれ、クリエイティブと呼ばれる広告に使われる制作物で分けたとき
以下の表のような広告の種類があります。

 
 

クリエイティブ形式 具体例
画像

Instagram画像広告の例
引用:
Instagramでブランドを構築 ー Instagram for Business

いわゆるバナーと言われる画像を使った広告
 
「広告文」と言われるテキストと一緒に表示され、
手軽さからも使用される頻度も最も高い。

カルーセル

Instagram広告カルーセル形式の例
引用:
Instagramでブランドを構築 ー Instagram for Business

バナーや動画を複数使い、
スライドでより強く印象付ける形式の広告。
最大10個までセットでき、
それぞれに別のURLを表示させることも可能。

動画

Instagram広告 動画広告の例
引用:
Instagramでブランドを構築 ー Instagram for Business

フィードと呼ばれるホーム画面以外にも
ストーリーズや
リールなどに掲載が可能。
近年、Instagramは動画に力を入れているため
動画ユーザー数も右肩上がりに増えている。

コレクション

Instagram コレクション広告の例
引用:
Instagramでブランドを構築 ー Instagram for Business

カバー画像、または動画と呼ばれる
主軸になるクリエイティブが1つと
3つの商品画像を掲載することができる。
基本的には、1つのお店で複数の商品を売りたい時などに活用する。

 
※さらにInstagramのクリエイティブについて詳しくはこちら

Instagram広告の最大サイズは?4種類それぞれの仕様について解説!

Instagram広告の掲載できる場所は5つ

Instagram広告では広告の掲載できる枠
 

  • Instagramストーリーズ
  • Instagramフィード
  • Instagram発見タブ
  • Instagramリール
  • Instagramインストリーム

 
5つがあり、それぞれ広告の目的やクリエイティブによって使い分けます。
当然ながら、動画のみの配信面にはバナーが配信できないように、
それぞれ掲載できるものが決まっており、詳細は以下の表の通りです。

掲載枠 掲載できるクリエイティブ
ストーリーズ
  • 画像
  • 動画
  • カルーセル
  • コレクション
フィード
  • 画像
  • 動画
  • カルーセル
  • コレクション
インストリーム
  • 画像
  • 動画
  • カルーセル
  • コレクション
発見タブ
  • 画像
  • 動画
リール
  • 動画

※さらにInstagramの掲載面ついて詳しくはこちら

Instagramの投稿コンテンツの種類と特徴

Instagram広告はFacebook広告から配信する

InstagramはFacebook社の傘下のため、広告の出稿はFacebook広告から出稿を行います。
 
そのため、Facebook広告への掲載も同時に行え、Facebook広告の機能も使用することができます。
 
※Facebook広告の詳しい始め方はこちら

Facebook広告の初期設定と上手な使い方を解説

こちらの記事をお読みの方におすすめのダウンロード資料

               

Webマーケティング講座比較資料                

                 

「Webマーケティングの独学は難しすぎる」と感じている人は講座がおすすめ!
だけど講座も色々ありすぎて何を選んだらいいかわからない、、、そんな人の為に比較資料を作成してみました。                  

                  資料をダウンロードする

ライタープロフィール

勝原 潤
勝原 潤株式会社ウィニングフィールド 代表取締役
富山県出身。通信機器の販売代理店~エンタメ・雑誌・広告業界~外資系広告代理店のデジタルマーケティング部を経て起業に至る。現在は中小企業・店舗、物販通販事業者、個人事業主を中心にWebの広告運用代行事業やWebコンサルティングとWebマーケター養成講座の開講、動画コンテンツ販売などを展開中。

<認定資格>
Yahoo!リスティング広告認定プロフェッショナル
Google Partner(Google AdWords 認定資格)
Googleインドアビューセールスパートナー

RECOMMENDこちらの記事も人気です!