中古ドメインとは!?SEO対策に効果的な中古ドメイン選定を実践!アフィリエイトに挑戦!【前進・希望編】


Pocket

中古ドメインって知っていますか。

中古ドメインとは、過去に第3者によって取得され、サイトの運用歴があるドメインの事。 過去に運用されていたサイトの評価が引き継がれるため、SEO対策に効果的であると言われています。

今回は、この「中古ドメイン選び」が課題です。

中古ドメイン選び自体は難しくないのですが、きちんと確認をしないと過去のサイトの悪い評価も引き継がれてしまいます。

どんなサイトだったのか過去に戻ってみることの出来るツールの紹介もしますので、アフィリエイトサイト作り中のあなたは必見です!

この記事は前回同様、初心者の私がアフィリエイトで稼ぐに挑戦!の第3弾。

アフィリエイトブログ初心者必見!無料ツールSimilarwebを使って競合サイトを丸裸!!アフィリエイト挑戦【混迷・停滞編】

良い中古ドメインを選んで、力のあるアフィリエイトサイトを一緒に作りましょう!

ドメインとは!?中古ドメインのメリットとデメリット

今回の課題は、ドメインを選定からスタート。

私の購入した教材では、中古ドメインを取得し、中古ドメインのパワーを使って短時間で検索の上位表示を目指します。

ドメイン? 中古ドメイン? 洋服や靴なら新品がいいけれど、ドメインに関しては中古がいい。なぜでしょうか。

ドメインとは!?

ドメインという言葉を初めて聞いた私。まずドメインについて調べるところから今回はスタートします。

ドメインとは、インターネット上の住所のようなもの。世界に同じものはひとつしかない。

確かに、同じ住所がいくつもあったら郵便屋さんが手紙を届けるのにとても苦労するだろうし、無事に届かないこともあるだろうから、ドメインって大事です。

中古ドメインと新規ドメインの違い

中古ドメインとは、過去に第三者に取得され、サイトの運用歴があるが何らかの理由で手放したドメイン。

過去に運用されていたサイトの評価が引き継がれるため、SEO対策に効果的であると言われています。中古と聞くと良いイメージじゃなかったけれど、すごいな。

そして反対に、新規ドメインとはサイトの運用歴のない、まだ誰にも取得されていない新しいドメインのこと。

今回のアフィリエイトに挑戦では、中古ドメインの取得を目指しますが、それぞれにメリットやデメリットがあるようです。

気になる私はそれぞれについてもっと深く調べてみることに。

中古ドメインと新規ドメインのメリットとデメリット

中古と聞いてあまりイメージの湧かない私。出来たら新品がいい!そう思った私は、それぞれのメリットとデメリットを徹底的に調べてみました。

中古ドメインのメリット 中古ドメインのデメリット
  • 過去に運用されていたサイトの被リンクの活用
  • インデックススピードが速い
  • 検索上位に表示されやすい
  • 高額に過去の悪い評価を引き継いでしまう なる場合がある
  • 過去の悪い評価を引き継いでしまう場合がある

中古ドメインでは、過去にそのドメインを使用していたサイトに貼られていたリンクや検索エンジンからの評価を引き継ぐ事が出来ます。 SEOの観点から見ると中古ドメインを利用することのメリットはとても大きいです。

アフィリエイトサイトではサイトへの集客がとても重要ですよね。サイトを見てもらわなければ始まりませんから。

ですので、その効率化が期待できるのは労力や時間のコストダウンに繋がり良いことづくめ♪

しかし、注意も必要!過去に運用されていたドメインがペナルティを受けていたなど、悪い評価も引き継いでしまう可能性があります。また、高品質な中古ドメインは高額で取引される事も多いので確認しながら進めていきましょう。

新規ドメインのメリット 新規ドメインデメリット
  • 安価で取得可能
  • 今までの運用歴に左右されない
  • 検索エンジンから評価を受けるまでに時間がかかる

新規ドメインでは安価でドメインを取得することが可能で、過去の運用歴に左右されずにあなた独自のサイト運営が出来ます。

しかし、検索を上げる為にはかなりの時間がかかることも覚悟しておかなくてはいけません。 私は検索上位を目指したいので、中古ドメインの選定をしていきます。

中古ドメインの選び方で過去のサイトが覗けちゃう

それでは、いよいよ中古ドメイン選びを実践していきます。中古ドメインを選ぶ為に使用するツールは3つ。全て無料で使えちゃいます!!

  1. Expireddomains.net
  2. Waybackmachine
  3. Ubersuggest

どれも聞いた事も使った事もないツールたちですが、マニュアルに沿って一歩ずつゆっくりと進んでいきます。

Expireddomains.netで期限切れ中古ドメインを精査

Expireddomain.netとは、世界中で期限切れになったドメインの情報を無料で確認できるサイトです。 今回は、このサイトで中古ドメインを精査していきます。

まずはExpireddomains.netにアクセスし、教材に則って決められた箇所に値を入力していき、有力なドメインを精査します。 様々な項目にチェックや値を入れていくのですが、今回は「jp 」ドメインに絞って検索していきます。

「jp 」絞る理由は、日本語で運営されていたドメインを探しやすいから。 他にも「com」「net」「org」 などのドメインも探すことができますが、海外サイトばかりで精査が大変な為、私のような初心者には向かないとの事。

ドメインという言葉すら知らなかった私ですから、もちろん精査する力も全くありません。

多くの項目にチェクや値を入れドメインを絞り込んだ結果、出てきたドメインの数「20.573」。

新しく表示されたドメイン順に並べ、膨大なドメインの精査のスタートです。

Waybackmachineでドメインパワーチェック

Waybackmachine は、中古ドメインの運営されていた当時のページの状態を確認できるすごいサイト!

Waybackmachineで精査するポイントは、運営期間が1年以上ある事元アダルトサイトでない事

サイト名だけではどんなサイトか分からないものが多く、開けるたびにドキドキ。 私の調べたサイトは、地方のイタリアンのお店や自転車屋さん、資格の為の企業のものなど多種多様。

Waybackmachineを使い、Expireddomain.netで選んだサイトの当時のページを覗き見しちゃいました。

検索数が多く期待して開くとアダルトサイトなんてこともしばしば。アダルトサイトってやっぱり需要が多いんだななんて思いながら、良さそうなドメインを探し、最後のツールの出番がやってきます。

Ubersuggestで被リンク確認

Ubersuggestは、中古ドメインの被リンクの内容を確認する為に使用するツール。 被リンク元のドメインや被リンクの内容を確認できるサイトです。

被リンクとは、外部サイトから自サイトに向けられたリンクのことを意味します指します。

基本的には、この被リンクをより多く獲得することでSEO効果が期待できますが、被リンクなら何でも良いと言う訳ではありません。 そこで使用するのがUbersuggest。

このツールを使い、Waybackmachineで選んだ中古ドメインにどんな被リンクが付いていたのか調べて行きます。

ここでチェックするのは、この3点。

  1. 被リンクがトップページに向けられたものになっていること
  2. 相互リンクではない
  3. 無料ブログからのリンクが少ないこと

このサイトの場合、被リンクがトップページに向けられたものになっており、個人ブログからのリンクは少なく企業からのリンクが多い。課題の中古ドメイン選びとしてはまずまずな印象。

とは言っても、初心者の私から見て印象。このような調子で、まずまずな印象の中古ドメインを10個選定し、課題提出。 後日提出したドメインから良い物を1つ選んでもらい、中古ドメイン選定の終了です!

マニュアルに沿った流れだったので、難しくはなかったこの課題。しかし、膨大な数のドメインを1つ1つツールにかけ精査していく。 今までで一番根気のいる作業でした。

まとめ

アフィリエイトサイトで重要な検索上位を目指したいなら、必ず取得するべき中古ドメイン

しかし、良いパワーも悪いパワーも継承してしまう可能性があるので、各種ツールを活用し良い中古ドメインを選ぶ事がとても重要です。

そんな中古ドメインで良い物が見つかり達成感に浸っていた私ですが、重要な事を忘れていました!それは、ドメインは取得しないと自分の住所にならないと言う事。

選ぶ事に注力し選びきった満足感でいっぱいでしたが、中古ドメインは待ってくれません。良い中古ドメインは取得を狙う人も多く、選び終わったら早めに取得すべし!とマニュアルにも書いてありました。

急げ急げ!!

この中古ドメインを取得する為のサーバー契約で、私は初めてWebを通した成功体験をする事になるのですが、それはまた次のコラムで。

次回は、中古ドメイン取得のサーバー契約をお得にセルフバック!【成功・歓喜編】。

Pocket

Webマーケティングをもっと楽しみたい方へ
ウェマー!!オンラインサロン

湘南・鎌倉界隈で開催するWebマーケティング&集客勉強会『ウェマー!!』。そのリアルイベントから派生したオンラインサロンです。堅苦しくなく、ゆるい雰囲気でWebを学び合う部活動のようなコミュニティを目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA