HOME/Facebook広告/誰でもFacebook広告のCPCを下げる3つの方法

誰でもFacebook広告のCPCを下げる3つの方法

facebook

自分でFacebook広告を出稿したものの料金は適切なのか
もっとCPCは安くならないのか
 

という悩みを抱いてはいないでしょうか?
 
案外、webの広告の効果を高めることは誰にでも出来るので
これから紹介する方法をしっかりと実践してもらえれば
今までとは全く違う反応が得られるようになるでしょう。
 

Facebook広告の料金はCPCとCPMの2種類

まずはFacebook広告の料金形態2種類の

特徴と課金方式について説明させてもらいます。
 

CPC(クリック単価)の計算方式

CPC(Cost Per Click)とは、ユーザーが広告リンクをクリックすると発生する料金です。
 
インプレッションとは違って、ユーザーがアクションを起こした時に費用がかかるので、
 
広告のパフォーマンスや
コンバージョンの効率性を測る指標だと言えます。

CPCは消化金額の合計をリンクのクリック数で割って計算します。
 
例えば費用が10,000円
広告が100回クリックされた場合、
クリック一回当たりの単価であるCPCは100円です。

CPCの計算式
広告費÷クリック数=CPC

CPM(インプレッション単価)の計算方式

CPM(Cost Per Mille)とは、
インプレッション、
つまり広告がユーザーに表示されたことに対して支払う料金です。
 
ユーザーのリアクションがあってもなくても費用が発生するので、
認知を獲得したい時に使われるコスト指標だと言えます。

 

具体的には、
広告のインプレッション数1,000回当たりの平均コストとして計算します。
 
例えばある広告キャンペーンで、
消化金額の合計が1万円で、インプレッション数が1万回なら、
 
インプレッション1,000回当たり1,000円を費やしているので
CPMは1,000円になります。

CPMの計算式
広告費÷表示回数×1000=CPM
 

誰でも出来るCPCを下げる3つの方法

広告運用は専門用語も多く、一件難しそうに感じますが、実際に出来ることはそこまで多くありません。

自身の運用している広告を以下に則って改善を行うことで、効果が見違えるでしょう。

入札戦略を見直す

意外と多いのが、入札戦略の設定を間違えてしまっているパターンです。
 
現在の広告運用で重要なことはAIの機械学習をいかに効率よく進めるか、に尽きます。
 
つまり、いかにたくさんの経験を積ませてあげるかが重要になるので、特に最初の入札戦略は「最小単価」で行うことがおすすめです。
 
しっかりと調べている人ほど、平均目標達成単価上限という、コンバージョンの上限金額を決めたほうが良いのでは?と考えがちですが
 
最初から成果を目指すのではなく、「広告は投資である」ということを念頭に置いたほうが良いでしょう。
※Facebook広告の入札戦略についてはこちら

広告予算を無駄にしないFacebook広告の入札戦略とは?

クリエイティブを見直す

現在のFacebook広告においてクリエイティブの重要性はとても高いものになっています。
 
iOSのアップデートにより、ターゲティング精度が低下したため、
いかにクリエイティブでターゲットに訴求をするかという段階になったためです。
 
また、以前のFacebook広告のクリエイティブには20%ルールという
バナー内に20%を超えるテキストは挿入してはいけない、というものがありましたがそちらも撤廃されたので
 
過去のような、無料素材をそのまま入れただけの広告では効果が出なくなってきています。
 
これらを踏まえた上でしっかりと計画的なABテストを行い、最適なクリエイティブを作成できれば
かなりの広告効果の改善を目指すことが出来る
でしょう。
 
※Facebook広告のクリエイティブに関してはこちら

facebook-image

Facebook広告 クリエイティブ作成時の注意点【画像編】

facebook-txt-Topimage

Facebook広告 クリエイティブ作成時の注意点【テキスト/文字数編】

ターゲットを見直す

上述した通り、ターゲティング精度が低下したため、従来のターゲティングのままでは効果が出ない場合があります。
 
その際に活用してほしいターゲティングが
 

  • ノンターゲティング
  • ブロード配信

 
の2点です。
 
それぞれ、速攻性はないものの、
やはり「広告は投資である」という基本概念に基づけば
 
長期的に見て、広告施策による効果はあなたのビジネスにとってとても重要なものになるでしょう。
 
※Facebook広告のターゲティングに関してはこちら

facebook-targeting

Facebook広告で有効なブロード配信を詳しく解説!

業界別Facebook広告CPCの平均・相場

そもそもの話、自身のCPCは本当に高いのか?ということが分からなければ改善の余地がありません。
 
もちろん、それぞれの単価や、流行、時期的なものもあるので一概には言えませんが
ザックリとしたFacebook広告の業界別平均CPCを、wordStream社がまとめたものがリリースされているのでそちらを元に解説していきます。

平均CPCは金融関係は高く、アパレル関係は安い傾向

業界別の平均CPCは以下のようになっており、比較的に金融や転職などの人生に大きくかかわるものは高く
逆にFacebook広告から出稿できるInstagramとの相性も良いためアパレルは低い傾向にあります。

業界 平均クリック単価
アパレル 51円
自動車 256円
B2B 288円
美容関係 207円
消費者サービス 352円
教育 121円
雇用と職業訓練 311円
金融と保険 431円
フィットネス 217円
家の修繕 335円
健康管理 151円
産業サービス 245円
法律 151円
不動産 207円
小売り 80円
技術 145円
旅行&ホスピタリティ 72円

引用: aaffde.com

 
あくまでも、目安でしかありませんが、自身のビジネスと比較してあまりにもかけ離れている場合には
この記事の改善方法を実行し、CPCを最適な値に近づけていきましょう。

こちらの記事をお読みの方におすすめのダウンロード資料

               

Webマーケティング講座比較資料                

                 

「Webマーケティングの独学は難しすぎる」と感じている人は講座がおすすめ!
だけど講座も色々ありすぎて何を選んだらいいかわからない、、、そんな人の為に比較資料を作成してみました。                  

                  資料をダウンロードする

ライタープロフィール

勝原 潤
勝原 潤株式会社ウィニングフィールド 代表取締役
富山県出身。通信機器の販売代理店~エンタメ・雑誌・広告業界~外資系広告代理店のデジタルマーケティング部を経て起業に至る。現在は中小企業・店舗、物販通販事業者、個人事業主を中心にWebの広告運用代行事業やWebコンサルティングとWebマーケター養成講座の開講、動画コンテンツ販売などを展開中。

<認定資格>
Yahoo!リスティング広告認定プロフェッショナル
Google Partner(Google AdWords 認定資格)
Googleインドアビューセールスパートナー

RECOMMENDこちらの記事も人気です!