HOME/News/湘南0円IT留学のLPにヒートマップを入れてみたらとんでもないことに…。

湘南0円IT留学のLPにヒートマップを入れてみたらとんでもないことに…。

皆様初めまして!株式会社ウイニングフィールドに今年から入りました、河戸雄太(かわと ゆうた)と申します!(実は2回目の登場です) 現在、コロナ禍で困窮した若者をWebマーケティングの力を使って救済しようという“湘南0円IT留学”という企画を絶賛開催中でして、 つい先日、その第一次募集の締め切りが終了いたしました!(300名以上の方からご応募頂きました!ありがとうございます!!!) その際にInstagramで広告を配信して、LPにヒートマップを入れてユーザーの熱量を測ってみたのですが、とんでもない事が起きてしまいました…。 その前にまず、LPとかヒートマップってなんやねん!って方もこの記事を見てくださっているかと思うので、少し解説をしておきます。 ♦LP・・・Web上で何かしらの広告をクリックすると、何やら商品・サービスを紹介をするページに飛ぶと思うのですが、そのページの事です。 ♦ヒートマップ・・・ページに来た人たちがどんな所を集中的に見ていたのかとか、どこまでスクロールして読んでもらえたかなどを数値だったり、色で表したりしてくれるツールの事です。実際はこんな感じです(前回自分があげた”クラファンやります記事”です)。 ↓↓↓ 赤い所が熟読されている所です。 緑色になってきたので、あまり読まれなくなってきたというイメージです。 青色になったら流し読みされているな~っていうイメージです(この記事は画像を多く入れて読み切るのに時間をかけないようにしたので青くても一概に”悪い”とは言い切れないです) この企画に対する“想い”を書いた部分はかなり熟読されているので、一概に文章量が多いから読まれないわけではなさそうといった考察ができます。 こんな感じでヒートマップの色から熟読具合を判別するのですが、これをいざ、”湘南0円IT留学”のLPに入れてみたところ…。 なんじゃこりゃあああああ!!!!! こんな真っ赤ちんのLPなんてありえる???そもそもヒートマップって熟読されてない所を見つけるツールでしょ?どこをどう改善して、次はどういう施策を打っていこうかみたいなPDCA回そうと思っていたのに、どうしてくれんじゃ!!! すいません、熱くなりすぎました。なにせ、ヒートマップが真っ赤だったもので…。 著者の落ち着きと共に、ページ全体の80%まで読んで頂いた所でようやくヒートマップも落ち着いてきました。。。 結局の所、これを導入して何が分かったかというと、、、。 めちゃくちゃ注目して頂いている!って事です(ほんと、皆様には感謝しかありません)。 もう今回に限ってはお問い合わせに至るまでほぼほぼ真っ赤なので大成功すぎます。ひとまず、自分の給料を”2倍”くらいにアップしてください(※注意 このLPはデザイナーさんが作ってくださいましたので、自分の手柄は1ミリたりともありません) という事でこの記事を見て頂いた方には、LPのこういう部分が反応が悪くて、ここまでしか見られてないから次はこういう施策を試してみようかなという進捗をお伝えして、自分が最近覚えたヒートマップの見方を少し自慢してやろうくらいに考えていたのですが、見事に裏切られました。もちろん良い意味で(笑) Webマーケターになって、やる気満々で肩をぶんぶん回していたのでこの気持ちをどこにぶつけていいのか分からないですが、ひとまず、多くの方にご応募を頂き安心して夜もスヤスヤ眠れそうです! ありがとうございます! これからはこの企画を継続的に続けて若者支援をし続けるためにクラウドファンディングを始めたいと考えているのですが、その過程で1000%慌てふためくと思うので、次回はそのドタバタ劇場を温かい目で見守って頂けたら幸いです。 これからもコロナ禍で困窮していた自分のような若者をWebマーケティングの力で助けるために尽力していきます! 大人の方々、ぜひとも、ご支援のほどお待ちしております!! 最後まで自分の拙い文章にお付き合いくださいましてありがとうございました。 また次回、お会い出来ればと思います!!ではまた~。

ライタープロフィール

河戸雄太
河戸雄太
株式会社ウィニングフィールドのマーケター
新入社員なのにいきなりクラファンで200万集めろと
無茶ぶりをされてしまう。

RECOMMENDこちらの記事も人気です!