【Google広告をはじめよう!㉑】動画テキスト広告とキーワード挿入・カウントダウンについて解説


広告文や説明文を決めて広告を打ち出す時、ちょっとした表示方法を変える方法があります。

期限を付けて、ユーザーの行動にスピード感を持たせたり、地域やユーザーから見て近い存在と思われるような広告表示のコツもあります。そこで必要になってくるのがこの記事で解説している

動的テキスト広告とキーワード挿入機能のついてです。

基本的な情報を主に記載しておりますので、是非ご覧になってみてください。

動的テキスト広告とは

動的テキスト広告とは、動的テキストを使用使用すると、状況に応じて内容が自動的に更新されるという機能となっているフォーマットです。

例えば広告文を作る際には「キーワードの挿入・カウントダウン関数」と挿入形式を選べるようになっています。

※表示のされ方は時期やアカウントによっては表示のされ方だったり数が違って見えるかもしれません。

キーワードの挿入・カウントダウン関数それぞれの違いや特徴をご説明しますので是非ご覧下さい。

キーワードの挿入(動的テキスト)

より関連性の高い広告を表示するためにユーザーの検索語句とマッチした広告のキーワードを挿入する。となっています。

広告のキーワード設定を例えば3つの地域を設定した際にキーワード挿入機能を使用した場合すると、ユーザーが設定している地域キーワードを入力していれば、地域キーワードだけ変動し、他の広告文・説明文が何も変わらず広告が表示されます。

この動的テキストを利用していれば、地域に密着した企業というようなイメージを持たせられるので、ユーザーは自分の探している情報やコンテンツは、この広告の先にあるのではないかと思いクリックしてサイトに訪れやすくなる。という効果があります。

カウントダウン(動的テキスト)

カウントダウンというのは、特定のイベントまでの時間をカウントダウンし、現在の時刻に応じて表示を更新する事ができます。

例えば、「先着2社までサイト無料診断」というような広告を出すと、その先着2社はいつまでなのか?といった部分を表示してくれる事も可能です。

ユーザーのタイムゾーン、カウントダウン開始、終了日数を登録、終了時間を登録していれば、

自動的に毎日時間が経過するにつれて終了時間まで自動的に更新されます。

頻繁に情報探しているユーザーにとっては焦りが出てきて煽られているような気持ちになる事から、クリック率が高まって成約に繋がる可能性が高くなります。

まとめ

キーワードの挿入・カウントダウンそれぞれの機能ごとに特徴が異なっています。

どちらもターゲットや目標とマッチしていれば非常に効果的な機能となっているので、どのように広告を表示させたいのかを、出稿前に考えておく事がポイントとなってきます。

動的テキスト広告の使い方なども他の記事で解説しておりますので、是非ご覧になって下さい。

Webマーケティングをもっと楽しみたい方へ
ウェマー!!オンラインサロン

湘南・鎌倉界隈で開催するWebマーケティング&集客勉強会『ウェマー!!』。そのリアルイベントから派生したオンラインサロンです。堅苦しくなく、ゆるい雰囲気でWebを学び合う部活動のようなコミュニティを目指しています。