グーグル広告の設定!広告要素を選んで表示をカスタマイズできる


グーグル広告は、個人に向けた設定で広告が配信されることを知っていましたか?

グーグル広告は、個人の検索行動と属性を基準として、関連した広告が表示される仕組みになります。つまり、検索した履歴などが広告表示に影響を与えることとなります。そのため、「この広告は表示しないで欲しい」と思うときもありますよね。

広告を運用するWeb担当者にとって、検索ユーザーの動向は気になるところです。

ユーザーによって広告が非表示されたり、ブロックされたりすることも理解しなければいけません。そのためには、個人でできるグーグル広告の表示設定ついて知っておく必要があります。

今回は、グーグル広告で設定できる「カスタマイズする方法」や「特定の広告をブロックする方法」について解説していきましょう。

この記事の内容になるグーグル広告について、グーグルの「広告ヘルプ」ページを参考にしています。

参照元URL:https://support.google.com/ads/answer/2662856?co=GENIE.Platform%3DAndroid&hl=ja

グーグル広告が表示される場所

グーグル広告の設定について、最初に確認しておくべことがあります。それは、グーグル広告が表示される場所です。

  • グーグルの検索結果ページ
  • YouTube
  • グーグルアドワーズやグーグルディスプレイネットワークを利用したウェブサイトやアプリ

グーグル広告とは、ウェブ上のグーグル提供のサービスに表示される広告の総称です。最近の特徴として、グーグル広告はパーソナライズド表示機能が進化しています。 つまり、個人情報と関連した広告を表示できるため、ユーザー1人ひとりに関連性の強い広告で訴求できるようになります。

グーグル広告は、個人のグーグルアカウント属性や検索行動により自動的にカスタマイズされた広告が表示されます。そのため、本人が知らない間に広告表示設定がパーソナライズされていきます。

広告は後から表示される

ここでポイントになるのが、広告の表示機能です。

例えば、グーグル検索で何か調べものをしている時、複数の同じカテゴリのページをネットサーフィンするでしょう。

どこか任意のWebサイトで自分の欲しい情報が見つかり解決したとしても、その後も検索行動による関連した広告が表示されます。

このような広告表示が、グーグル広告の設定によりカスタマイズされていきます。

グーグル広告は検索ユーザーの行動から広告要素を追加する

グーグル広告は、グーグルアカウントに保存された個人情報と行動データにより表示要素が設定されていきます。

例えば、何か調べものをしていてグーグルで検索を始めたとします。

「中古車が欲しい」という目的で「中古車」について調べていると、ついつい沢山のWebサイトを訪問することも考えられるでしょう。

さらに、「中古車」についての情報を詳しく調べる検索行動が、グーグル広告の設定にある「広告のカスタマイズ」に「中古車」という広告要素を追加することになります。

その結果、まったく関係のないサイトに訪問しても、「中古車関連の広告」が表示されるようになります。「中古車」の情報は不要だとしても広告要素に加わったため、興味のある広告として表示されます。

人によっては、鬱陶しいと感じる方もいることでしょう。

実は、検索行動や個人情報から表示される不要な広告を非表示にすることができます。

グーグルの個人情報と関連した広告を非表示にする設定

グーグル広告設定の「広告のカスタマイズ」から変更できます。
広告表示をカスタマイズすることにより、特定の広告をブロックすることが可能です。

順を追って解説します。

まずはグーグルのアカウントページに移動しましょう。

アカウント内にあるナビゲーションで「データとカスタマイズ」をクリックしてください。

 

次に「データとカスタマイズ」ページをスクロールして「広告のカスタマイズ」を見つけ、「広告の設定に移動」をクリックしましょう。

すると「広告のカスタマイズ」パネルになります。

「広告のカスタマイズはオンになっています」と確認できれば、自由に広告要素の変更ができます。

広告要素とは

広告要素とは、地域、属性などアカウント登録情報や検索行動から自分がターゲティングされている要素です。広告要素は、「手動でオフ」「手動でオン」ができます。

ちなみに
表示された属性や興味関心をクリックすると、自分の情報がどのように収集されているかを知ることができます。

広告要素の中には、年齢層(20~25歳)性別(男性)をはじめとして、訪問回数の多いWebサイトの情報などが含まれます。「広告のカスタマイズ」で確認できる広告要素が表示の対象になります。

ここで不要な広告要素をクリックして非表示設定していきます。

例えば、「ウェブデザイン、開発」が広告のカスタマイズに含まれていたとします。非表示にするときは、「ウェブデザイン、開発」のバナーをクリックして出てきたウィンドウ内の「オフにする」をクリックするだけです。

このようにグーグル広告の広告要素は、特定の要素に対して設定を自由にカスタマイズできます。

グーグル広告の仕組みを理解しよう

「広告のカスタマイズ」で説明したように、広告設定は個人情報と行動パターンから成り立っています。つまり、個人のグーグルアカウントにより広告設定が異なります。

アカウントに「ログインしている場合」は、グーグル広告が行動パターンと個人情報に沿ってカスタマイズされていきます。そのため、「ログインした状態」だと自分の属性に合った広告が表示されるようになります。

逆に、「ログインしていない状態」だと検索行動や個人情報は、広告設定に保存されません。

「ログインされていない場合」は使っている機種やブラウザに保存されていきます。

ログインされている場合 ログインしていない場合
アカウントの広告設定に保存される デバイスやブラウザに保存される

そのため、グーグルクロームの「履歴」でCookieを削除することにより、広告設定はリセットすることができます。

また、PCなど機種を変更した場合や広告IDを新規取得した場合でも、広告設定を初期状態にできます。

デバイスによる広告の設定を変更する方法

グーグル広告の設定は、

  • PCから変更する場合
  • Androidから変更する場合
  • iPhoneやiPadから変更する場合

によって多少異なります。

カスタマイズされたグーグル広告の設定を変更する手順をデバイス毎に解説していきます。

PCから変更する場合

パソコンからグーグルアカウントにログインして設定を変更するときは、「広告のカスタマイズ」に移動して1クリックで変更ができます。

  1. 「広告設定」の「広告のカスタマイズ」に移動
  2. 「広告のカスタマイズはオンになっています」の右側のボタンをオフに
  3. 「無効にする」で変更完了

これだけでグーグル広告の設定が無効化されます。無効化されることにより、デフォルトの状態なります。

iPhoneやiPadから変更する場合

iPhoneやiPadから変更する場合は、PCと同じくグーグルをアカウントに移動して、「広告のカスタマイズ」パネルで変更が可能です。

  1. グーグルのアカウントページから、「データとカスタマイズ」に移動。
  2. 「広告設定」の「広告のカスタマイズ」に移動
  3. 「広告のカスタマイズはオンになっています」の右側のボタンをオフに
  4. 「無効にする」で変更完了

順番に説明していきます。

①グーグルのアカウントページから、「データとカスタマイズ」に移動。

②「広告設定」の「広告のカスタマイズ」に移動

③「広告のカスタマイズはオンになっています」をオフに

こちらでiPad、iPhoneの設定は完了となります。

 

Androidから変更する場合

次にグーグル広告の設定をスマホでカスタマイズする場合、2段階の設定が必要です。

  1. 「設定」を開いて「Google」を選ぶ
  2. 「広告」を選んで「広告のカスタマイズをオプトアウトする」をクリック

スマホの場合は、「設定」からグーグルを選んで広告設定を変更する流れになります。

広告は完全になくせない

グーグル広告の設定は個人情報と関連したパーソナライズ広告の表示を少なくする設定です。完全に広告をなくすことはできません。

カスタマイズ無効にするとグーグルでユーザーの情報を使用して広告カスタマイズできなくなります。 ただし、引き続き、ユーザーのおおまかな現在地や、訪問しているウェブサイトのコンテンツといった情報をもとにターゲティングした広告が表示されます。

出典:グーグル広告ヘルプ

まとめ

今回は、グーグル広告の設定について解説してきました。「広告のカスタマイズ」の広告要素の変更をすることで広告表示をカスタマイズできることが理解できましたでしょうか。

Web広告は、パーソナライズ化が進み、より個人の興味ある広告を配信できるようになってきました。ただし、この記事で紹介した特定のグーグル広告をブロックできる設定をユーザーが簡単にできることも理解しておきましょう。

広告を配信しても非表示設定になっていることも考えられるので、広告の出稿の際は、広告ブロックユーザーのことも想定して運用することをお勧めします。

 

ライタープロフィール

勝原 潤
勝原 潤株式会社ウィニングフィールド 代表取締役
富山県出身。通信機器の販売代理店~エンタメ・雑誌・広告業界~外資系広告代理店のデジタルマーケティング部を経て起業に至る。現在は中小企業・店舗、物販通販事業者、個人事業主を中心にWebの広告運用代行事業やWebコンサルティングとWebマーケター養成講座の開講、動画コンテンツ販売などを展開中。

<認定資格>
Yahoo!リスティング広告認定プロフェッショナル
Google Partner(Google AdWords 認定資格)
Googleインドアビューセールスパートナー

Webマーケティングをもっと楽しみたい方へ
ウェマー!!オンラインサロン

湘南・鎌倉界隈で開催するWebマーケティング&集客勉強会『ウェマー!!』。そのリアルイベントから派生したオンラインサロンです。堅苦しくなく、ゆるい雰囲気でWebを学び合う部活動のようなコミュニティを目指しています。