ターゲティング広告はどんなもの?効果を上げる注意点も教えます


ターゲティング広告とは、顧客の行動履歴を元に広告の対象者を絞る広告の手法を指します。興味があるであろうターゲットに広告を配信するので、効果が高い手法の一つと言われています。今回はそんなターゲティング広告について仕組みなどを、掘り下げてお話ししていこうと思います。

ターゲティング広告の仕組み

ターゲティング広告の仕組みに欠かせないのがcookieです。WEB上で商品を購入したりサイトを閲覧するとWEBブラウザーにcookieが付与されることで、行動を記憶される仕組みになっています。この記憶を元に最適な広告を表示するようになっています。これがターゲティング広告の仕組みになっているのです。

ターゲティング広告のメリット

ターゲティング広告を行うメリットとはどのようなことがあるのでしょうか。

コンバージョン率の高さ

最初にお話しした通り、広告効果の高さなのではないでしょうか。ターゲットを絞り、その商品・サービスに興味のある人にむけて広告を出すのでコンバージョンは高くなります。

ユーザー側

ユーザー側にとっても自分の興味のある商品やサービスの広告を目にする機会が増えることにあることがメリットと言えるでしょう。また興味のない広告に触れる機会が減るのでイライラすることも減るのではないでしょうか。

 

広告配信のターゲットを絞ることで、広告主もユーザーどちらにとっても有益な広告配信ができるのがターゲティング広告の最大のメリットと言えるでしょう。

注意点

ターゲティング広告を行うときに注意しなければならないことは以下のようなことです。

ターゲティングは慎重に

設定の段階で、ターゲティングを間違えてしまうと、意味のない広告配信になってしまうので注意が必要です。きちんとターゲットを絞る必要があります。

広告の質

ターゲティング広告をきちんと配信しても、広告内容が薄ければ効果があまり得られないかもしれません。配信する広告内容もきちんとユーザーの悩みに届くようなものにしましょう。

 

注意点に気をつけて、ターゲティングを行えば高い効果を発揮する可能性があるターゲティング広告。無駄な広告にならないようにきちんと戦略を練る必要があります。

 

ターゲティング広告の種類

ターゲティング広告には4つの代表的な手法があります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

オーディエンスターゲティング

最もポピュラーなターゲティング手法です。オーディエンス(視聴者)つまり人にむけたターゲティングです。ターゲットとされた属性を持つ人に対してサイトのの内容に関わらず、広告を配信することです。

コンテンツターゲティング

コンテンツターゲティングは、サイトの中身などに対応して配信する手法のことを指します。配信したい広告の内容に近い、サイトをみている人に広告配信することでより効果が出やすいと言えるからです。

デバイスターゲティング

デバイスターゲティングは、配信するデバイスを絞って配信することを指します。パソコン・スマートフォン・タブレットなどそれぞれに合わせたアプリなどの広告の配信に適した手法かもしれません。

位置情報(ジオ)ターゲティング

ジオターゲティングは、位置情報を使ったターゲティングです。よく〇〇という土地へ行く人にむけて、その土地にあるお店の広告を配信することで来店に繋がる可能性があります。

 

それぞれ違った特徴があり、あなたが配信したい商品やサービスによって使い分ける必要があります。それぞれの商品・サービスの特徴に合わせて配信方法を変えてみて下さい。

「ターゲティング広告」まとめ

ここまでターゲティング広告についてお話ししてきました。ターゲティング広告はコンバージョン率が高く広告手法としては人気であることがわかりました。しかし、曖昧なターゲティングではその効果を存分に発揮できないかもしれません。しっかりと戦略を練り高い広告効果を発揮できるようにターゲティング広告を検討してみてはいかがでしょうか!

Webマーケティングをもっと楽しみたい方へ
ウェマー!!オンラインサロン

湘南・鎌倉界隈で開催するWebマーケティング&集客勉強会『ウェマー!!』。そのリアルイベントから派生したオンラインサロンです。堅苦しくなく、ゆるい雰囲気でWebを学び合う部活動のようなコミュニティを目指しています。