Youtube集客に最低限必要な知識


近年YouTubeの人気が注目されています。

そこでYoutubeでの集客を行いたいが、どうしたら良いかわからない。

そんな人に向けて、集客を行うのに必要な基礎知識について記事を書きました。

まずはYoutube集客の始め方

チャンネルを作成する

まずは、動画をアップするために必要なチャンネルを作成します。

動画をあげることで集客を図るのに、

アカウントがなければ集客する以前の問題で、動画をアップできません

そのため、動画をアップするためのチャンネルを作成しておきましょう

 

チャンネルの作成方法は以下になります。

YoutubeのTOPページ右上にあるアイコンマークからログインします。

アイコンの色が変わっていたらログインできています。

 

動画をあげる

アカウントを作成したところで次に、

集客をするための動画をあげましょう

 

動画の上げ方は以下になります。

YoutubeのTOPページ下記にあるプラスマークから行います。

 

ここで投稿する動画を選択します。

 

視聴者層を選択後アップロードを押します。

 

 

これで動画をあげる作業は終わりになります。

 

ここで壁になりやすいのが動画をあげたは良いが、

再生数が伸びなかったり、コンバージョンに直結しない。などです。

その原因は、面白くなかったり魅力をうまく伝えられてない可能性があります。

壁を越えるための対策が必要で後ほど説明いたします。

 

YouTubeで集客を行うのに必要な費用

スマホ一台分!?

スマホに搭載されているカメラや編集用アプリを使用すれば、

それだけで、動画撮影ができ動画編集も行うことができるので、

スマホさえあれば簡単に行えます

なので最低でも、かかる費用はスマホ代だけに抑えることができます。

しかし、それだけでは本格的な機材を使っている競合には太刀打ちができずに

集客は見込めないのでできるだけ機材は整えるようにするのがいいです。

 

カメラ

動画を撮影するためのカメラが必要になります。

携帯のカメラでも良いのですが、

高画質で綺麗な方がより集客を見込めます

他にもアクションカメラなどを使い、

ユーザーに体験をしていただくという方法が取れます。

例えば、靴の紹介をしたい時にその靴を履いて走り、

ユーザーに疾走感を体験していただき購入していただくという方法が取れます。

例え、コンバージョンに繋がらなくても、

何かを体感しやすい動画はそれだけで再生数は上がりやすいです。

 

マイク

トークを綺麗な音質で録音するには、外部マイクがある方がいいです。

カメラには内蔵のマイクが搭載されていることがありますが、音質はあまり良くありません

加えて、内蔵マイクは音声に立体感がなく、平面的な録音となってしまいます。

少し高価ですが、外部マイクを装着すれば綺麗な音質で録音が可能です。

代表的なものはカメラの上に取り付けるタイプのものです。

 

照明

照明があることによって出演者の印象が良くなります

映像が暗いと見えづらいことがありますが、照明があればそういった問題も解決できます。

また、撮影の際はそういった問題を気にすることがなくなります。

 

パソコン

編集作業で必要になるのがパソコンです。携帯でも編集することは可能ですが、

動画が長くなったり細かい編集を行うには携帯ではスペックが足りなくなってきます。

編集ソフトも使えない可能性があるので

動画編集を行うには高スペックのパソコンが必要になります。

必要なスペック
  • CPUはcore i7以上
  • メモリは16GB以上
  • グラフィックボードはGTX1060以上
  • ストレージはHDD+SDD

編集ソフト

動画を見やすくしたり、面白くするのに編集ソフトが必要です。

用途によって使うソフトが変わります。

無料で使えるものもありますが商用利用不可のものがあったりするので気をつけましょう

おすすめソフト(無料)
  • iMovei for Mac (Mac用)
  • shotcat Mac (Mac用)
  • Microsoftフォト (Windows用)
  • IcecreamVideoEditor (Windows用)
おすすめソフト(有料)
  • PowerDirector (Windows用)
  • ADOBE PREMIERE ELEMENTS FOR WINDOWS (Windows用)
  • PowerDirectorMac (Mac用)
  • Final Cat Pro X (Mac用)

外注費

もし編集や撮影が困難な場合は、他に発注することになるかもしれないです。

その時は外注費が発生するので、

できれば自分で全てできるようになるのが良いですね。

 

動画制作の注意点

ターゲットを決める

ターゲットを決めることにより、まとまった動画になります。

またユーザーの視点になり動画を作成することもでき、

結果見やすく、伝わりやすい動画になります。

目的を明確にすれば企画の際詰まることも無くスムーズに進められます。

サムネイルで惹き付ける

サムネイルでは本題を簡潔に伝えましょう。

他には、悩みや対策キーワードを含むのがいいです。

そうすればユーザーはこの動画は自分の欲しい情報が詰まっていると瞬時に理解します。

ここでいかに興味を持っていただくかによって動画の再生数は変わります。

サムネイルで全てが決まると言っても過言では無いです。

 

顔出しをする

ユーザーは商品を買う時、信頼も同時に買います

顔出しをすれば信頼を得られます。また、親近感が湧きやすくなるので

より、コンバージョンに繋がりやすいです。他にも認知してもらいやすく

サムネイルに同じ人がいれば同じ人の動画なんだと分かりやすくなり

別の動画の再生数にも繋がります。

 

字幕をつける

字幕をつけることによって聞き取りずらい言葉があっても理解できますし、

これからなにについて話すのかを理解しやすいです。

それに、映像と合わせればより情報を伝えやすいです。

また、文章を書く時と同じで先に結果が出ていると

内容が頭に入りやすく無駄に考えることも無いので有効です。

YouTubeを隙間時間に見る方が増えてきています。その時間を有効活用するために

自分が知りたい情報が動画のどこにあるのか字幕をつければいち早く見つけることができます。

そのためこの動画は使いやすいと印象を与え別の動画も見ていただけると思います。

逆にメリハリといっても字幕に動きがありすぎると字幕を追いかけてしまい、

目が疲れてしまいます。また、内容に集中ができなくなるので、

字幕は補助の役割として使いましょう。

 

 

メリハリをつける

面白い動画や見やすい動画はメリハリがあり、テンポのいい動画だとおもいます。

有名なYouTuberさんの動画を見るとわかると思いますが、

カットと繋ぎがめちゃくちゃ上手いです。

そして、テンポがよく、見ていて飽きないです。逆に面白くない動画は、

内容が悪い動画ではなくグダグダした動画だと思います。

グダグダした動画を見ているとユーザーは飽きてしまい他の動画に逃げてしまいますし、

チャンネルに悪い評価がつくので注意しましょう。

 

根気強く続ければ大きくなる

いかがでしたか?

YouTube集客をするのにはとても労力と時間をさきます

また、機材を揃えるのにお金もかかります

そこで、すぐに成果が出ず焦るかと思いますが、面白いコンテンツやためになるコンテンツは

いつか必ず伸びます。それまで根気強く続けてください

続けていればチャンネルは大きくなり

動画だけで収益になる可能性もでてきますので頑張りましょう。

ライタープロフィール

勝原 潤
勝原 潤株式会社ウィニングフィールド 代表取締役
富山県出身。通信機器の販売代理店~エンタメ・雑誌・広告業界~外資系広告代理店のデジタルマーケティング部を経て起業に至る。現在は中小企業・店舗、物販通販事業者、個人事業主を中心にWebの広告運用代行事業やWebコンサルティングとWebマーケター養成講座の開講、動画コンテンツ販売などを展開中。

<認定資格>
Yahoo!リスティング広告認定プロフェッショナル
Google Partner(Google AdWords 認定資格)
Googleインドアビューセールスパートナー

Webマーケティングをもっと楽しみたい方へ
ウェマー!!オンラインサロン

湘南・鎌倉界隈で開催するWebマーケティング&集客勉強会『ウェマー!!』。そのリアルイベントから派生したオンラインサロンです。堅苦しくなく、ゆるい雰囲気でWebを学び合う部活動のようなコミュニティを目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA