CPAって何?その意味や重要性、注意点について解説します


マーケティング担当者はたくさんのマーケティング用語を覚えなければならないでしょう。CPO、CTR、CPCなど「C」がたくさん。

そこで今回は、「CPA」についてご紹介します。

CPAとは何か?計算方法やマーケティングでの重要性、注意点などを解説。

それではCPAとはどういう意味でしょうか?

CPAとは何か?

CPAとは、Cost Per Actionの略語で、新規顧客1件あたりにかかった広告費用のことです。「顧客獲得単価」とも呼ばれており、成果報酬型広告やクリック課金型広告などの広告でもよく示される指標になります。

CPAの計算

CPAを求める計算式は、以下になります。

「広告費用 ÷ コンバージョン数 = CPA」です。

具体例

例えば、SNSである会社の入会者を増やすPRキャンペーンで、広告費用が1000万円かかり、その結果獲得した入会者数が100万人だとすると、CPAの計算式に当てはめると「1000万(広告費用)÷ 100万(コンバージョン数)=CPA」は10円になります。CPAは高くなるにつれ、獲得した顧客にかかる広告費用が高くなるという仕組みです。

Cから始まる類似用語とは

マーケティング用語の中には、Costの頭文字を取ったたくさんの「C」の用語があります。CPAと混同しないように、似ている用語を説明します。

CPOとの違い

CPO(Cost Per Order)とは、注文1件あたりにかかる費用のことです。CPAとよく間違えがちな用語ですが、CPOを求める計算は、「CPO = クリック単価 ÷ コンバージョン率」になります。例えば、あるネット通販で、クリック単価が150円で広告を出稿し、結果としてコンバージョン率が1.5%あったとすると、CPOは1万円になるということです。よってCPAとはまったく異なるCPOは、クリック単価とコンバージョン率で決定すると押さえてください。

CPCとの違い

CPC(Cost Per Click)とは、ネット広告では「クリック単価」と呼ばれており、ユーザーによる1クリックを獲得するまでにかかったコストのことです。CPCを求める計算は、「CPC=広告費用 ÷ クリック数」になります。CPAとCPCは非常に似ていますが、指標を求める上で、CPAではコンバージョン数を当てはめる箇所をCPCでは「クリック数」を当てはめます。

CPLとの違い

CPL(Cost Per Lead)とは、マーケティングにおいて「見込み客」や「リード」のことを指す用語です。見込み客とは、顧客になりえて、商品やサービスを購入・検討している段階の一つになります。CPLを求める計算は、「CPL = 獲得までの費用 ÷ 獲得したリード数」です。CPLはあくまで「リード1件あたりの平均コスト」なので、リードの質は測定することはできません。

CPAの重要性

CPAは数字が高くなるほど利益が減少し、反対に数字が低いほど利益が上がります。なので、広告を運用する際には、CPAが利益を判断する上で重要な指標となるのです。そのため、単純にコンバージョン数が多くて利益があっても、CPAで指標した数字が高くなると、全体的な利益ではなく1人を獲得する費用では、費用対効果が低いとわかります。

CPAの注意点

CPAを下げると同時に利益が上がりますが、下げるだけを目的してはいけません。例えば、CPAを下げるために広告費用を削減した結果、その広告からユーザーの流入が減り、CV数も同時に減少してしまうというケースがあります。

この結果から、CPAだけを目的にした場合には、広告が制限され、集客をすることができず、利益自体が減少してしまう本末転倒な結果になりかねません。

CPAは広告分析において重要になりますが、あくまで ”指標” として考えましょう。

CPAを改善するポイント

ここでは仮にリスティング広告を舞台に、CPAを改善するポイントを紹介します。

高騰しているCVを減らす

CPAを求める計算には、CV(コンバージョン数)があります。高騰しているCVが無駄にあると、CPAも高くなります。無駄なCVを減らすには、広告出稿時に設定するキーワードを再設定します。見込み客のないキーワードがあれば、見込みのない客もクリックしてしまいます。またCVが発生しないデバイスがあれば、出稿を停止しましょう。

CVRを上げる

無駄なCVを減らしたら、減らした分でCVRを上げることを考えましょう。

CVRを上げるには、ターゲットに明確でユーザーの目的にあった広告を作ります。見込みのある顧客に向けたキーワード設定、広告文の変更、CVが多い時間帯に出稿するなど、広告自体を改善することでCVを上げることが可能です。

番外編:LPを見直す

前述ではリスティング広告でのCV向上についてでしたが、CVRを底上げしてCPAを向上させるにはLPを改善しましょう。LPは商品やサービスのリードとも言えますが、クリックさせる導線を改善させます。デザインやボタンなどを見直し、申し込みや購入のハードルを下げるなど、離脱させない設定にしましょう。

「CPA」まとめ

本記事では、CPAの意味や重要性、注意点、類語との比較について説明しました。最近のネット広告では、ユーザーが増えた分、広告費用が高くなりがちです。費用対効果が本当にあるのか、そういうケースにCPAが数値として判断することができます。

ぜひ、この記事を参考にし、CPAの目標設定をしてみてください。

Webマーケティングをもっと楽しみたい方へ
ウェマー!!オンラインサロン

湘南・鎌倉界隈で開催するWebマーケティング&集客勉強会『ウェマー!!』。そのリアルイベントから派生したオンラインサロンです。堅苦しくなく、ゆるい雰囲気でWebを学び合う部活動のようなコミュニティを目指しています。