【成功のポイントなども解説!】今話題のTikTok広告とは


出典:TikTok

盛り上がりを見せる動画タイプSNS「TikTok」。アプリのダウンロード数は10億回を超え、世界ではアクティブユーザー約5億人、日本でも約1,000万人と、登場から短期間で目覚ましい成長を遂げています。

動画マーケティングの市場自体もどんどん成長しており、「「Youtube」では競合の企業も多いし、TikTokに新しいユーザーを求めて広告を出稿したい」と思われている企業様もいらっしゃるでしょう。TikTok広告で成功したいならば、その特徴などを詳しく知っておきましょう。

今回はTikTok広告とは何か、そしてその種類や費用、出稿方法や成功のポイントを含めた事例まで、幅広くご紹介していきます。「TikTok広告とは何か知りたい」、「TikTok広告を検討しているが、特徴や成功のポイントなどをまとめて知りたい」という方はぜひご覧ください。

TikTok広告とは

出典:TikTok

TikTok広告とは、ショートムービー投稿型SNSであるTikTokに広告を出せるサービスのことです。

TikTokは中国北京に本社を置く「Bytedance社」が運営しています。動画の撮影から面白いエフェクトをボタン一つで簡単に実装し加工、BGMの選曲もアプリ内でできたりと、動画投稿処理がアプリ一つで済んでしまう手軽さなども相まって、ティーンエイジャーや20代など、若年層 女性を中心に利用者が広がっています(パソコンのWebブラウザからも視聴はできます)。

TikTokに動画広告を出せば若年層女性をメインユーザーとして、多くのユーザーに自社の広告を表示できます。動画広告は画像やテキストだけの広告より情報密度が高く、動きがあるため訴求力も高くなります。

同じように動画広告を出せるプラットフォームとしてYouTubeもあります。しかしYouTubeはすでに競合となる企業も多く出稿を行っており、マーケティング市場としてはレッドオーシャン化しつつあります。

TikTokは比較的新興のサービスでまだまだブルーオーシャンなので、今のうちに出稿を行いノウハウを積めば、後で参入する競合に対して有利に立ち回れます。TikTokの成長率は高いですし、市場としておいしいのは企業にとって見逃せません。

TikTok広告の種類

TikTok広告の種類には、次のようなものがあります。

  • インフィード広告
  • #チャレンジ 広告
  • 起動画面広告

インフィード広告

出典:TikTok

インフィード型の広告は、TikTokのおすすめアイコンを押すと表示されるおすすめ動画に表示されるネイティブ広告です。他のおすすめ投稿と同じようなレイアウトで投稿できるので、ユーザーから嫌がられにくい広告を出せるのが特徴です。

外部サイトやアプリダウンロードリンクなど、目的に合わせてさまざまなCtoA要素を配置できるので、ユーザーに受ける広告であればコンバージョンにもつながりやすいのがメリットです。またTikTok通常投稿と同じでいいね!やコメント投稿、他SNSへのシェアもできるので、バズる現象を狙って広告を拡散できる可能性があるのも魅力的な点です。

さらに年齢や性別、視聴時間帯など、ターゲットユーザーの属性に合わせてターゲティング設定を行えるので、ピンポイントな集客が可能です。広告費も3つの中で最も安くできるので、TikTok初心者企業におすすめの広告出稿方法です。

#チャレンジ広告

出典:TikTok

#チャレンジ広告は、TikTokのSNSとしての特徴を最大限に活かした広告出稿方法です。TikTokの「トレンド」アイコン上部に表示されるカルーセルバナー枠に広告を出稿することで、自社が指定したハッシュタグをつけた投稿をユーザーに行ってもらうように誘導します。

カルーセルバナーをクリックするとLPのような画面が表示されるので、そこへ投稿ルールなどや特典などを記載してユーザーへ参加を促します。またLP風画面だけでなく、起動画面広告やインフィード広告など、他の広告出稿方法とも組み合わせられるので、それだけユーザーとのタッチポイントが増えることになります。

SNSで広告を出稿するメリットは、拡散効果を見込めることです。キャンペーンなどに興味を持ったユーザーが自社の情報について拡散を行ってくれれば、かけた費用に対してずっと大きな成果が返ってきます。そういった効果を狙ってTwitterではツイート、リツイートキャンペーン、またInstagramではハッシュタグ投稿キャンペーンが開催されていますが、TikTokの#チャレンジ広告も上記キャンペーンと同じように拡散効果を見込めます。

ただし#チャレンジキャンペーンは企画費や広告制作費など各種費用によりコストが3つの中で一番高額になります。大々的なキャンペーンを行いたいときは#チャレンジ広告を使いましょう。

起動画面広告

出典:TikTok

起動画面広告とは、その名の通りTikTokをユーザーが起動させたときに、同時に表示される広告です。1日1社限定で表示できるという特性上、1日間は独占して自社広告をユーザーに表示できます。どちらかというとマス広告的な側面が強い広告と言えます。

そのため費用もかなり高額になり、しかも競合企業と枠を取り合わないといけません。一歩間違えれば「この広告の会社は何度も表示されてうるさい」とユーザーからの信頼性を低下させる可能性もあり、使いどころが難しい広告出稿方法です。

TikTokの費用(課金方法)

TikTokの各広告出稿方法をこれまでお伝えしてきました。それでは各出稿方法にはそれぞれいくらくらいお金がかかるのでしょうか。

インフィード広告の費用

出典:TikTok

インフィード広告の費用体系は、「CPM(1000回表示ごとに課金)」となっています。そして1日に想定される表示数が20万回~200万回ほどと、プランや実際の表示数によって変わってきます。

安いプランを選べば50万円ほどから出稿できますが、「この金額を出すのもきつい・・・」という場合は、TikTok広告を正直おすすめできません。

TikTok広告の一番安い費用が上記金額なので、これを出せないとなると実質TikTok広告へ出稿できないからです。またある程度予算がある場合も高いときで700万円以上になるときもあるので、TikTok広告全体に言えることですが予算は多めに確保しておいた方がよいかもしれません。

#チャレンジ広告の費用

出典:TikTok

#チャレンジ広告の費用体系も、CPMが基本になります。そして起動画面広告やインフィード広告、どの方法で出稿するか、どんなサービスをつけるかなどでも費用が変わってきます。

合計すると約600万円~2000万円ほどと、大きく金額が上下します。全サービスをつけると2000万円とかなり高額になるので、TikTok本営と相談しながら適切なサービスプランを選びましょう。

起動画面広告の費用

出典:TikTok

起動画面広告の費用も、CPMが基本になります。つまりTikTok広告は、現在すべてCPMをベースにしています。

想定インプレッション数は200万回~300万回ほどで、CPMが2,000円~3,000円ほどになります。ですから合計すると約400万~900万円ほどの費用です。1日間確実に表示できる分、費用もかなり高額です。TikTok起動時絶対表示されるので、確実に告知したいキャンペーンには向いているかもしれません。

TikTok広告の出稿方法

出典:TikTok

TikTok広告の出稿方法には、次の2つがあります。ティックトック運営に問い合わせる広告代理店に依頼してみるWeb広告運営のノウハウが既にある場合は、直接ティックトック運営本社に問い合わせてみてもよいかもしれません。

一方「予算は確保できているが、広告に関するノウハウが足りていない・・・」という場合は、ティックトック広告に対応している広告代理店を利用すると確実な効果が見込めます。

ちなみに弊社「株式会社ウィニングフィールド」でも、TikTok広告運用を代行しております。気になる方はぜひ下記リンクから詳細をご確認ください。

TikTok(ティックトック)広告運用代行サービス取り扱いのお知らせ

TikTok広告の成功事例から学ぶポイント

ここからは、TikTok広告の成功事例を見ながら、なぜ成功したのかをポイントとして解説していきます。

サランラップ

出典:TikTok

「旭化成」では自社主力商品の「サランラップ」の広告を、TikTokで配信しています。Youtubeで配信していたCMをTikTokに適した縦長に編集したりしているのが特徴です。

一から動画を作成するよりも時間を短縮できますし、TikTokに最適化されているので見やすいです。スマホユーザーというのは、横向きより縦向きで見られるコンテンツの方を好みます。横向きにするだけで大きくユーザーが離脱してしまうので、縦向きの動画が基本のTikTokは離脱を防ぎやすいというメリットがあります。

そしてサランラップのCMのように既存の動画を活用すれば、時間を短縮しながらTikTokに適した動画広告を作成可能です。

ハイチュウ

出典:TikTok

「森永製菓」の代表製品「ハイチュウ」も、TikTokで動画広告が流れています。ハイチュウではハッシュタグチャレンジ広告として「ハイチュウダンス」という踊りをつけた動画を投稿しており、キャンペーンガールの方が上半身だけで簡単に踊れるダンスを披露しています。

このダンスは簡単に踊れるので多くの方が真似をし、#ハイチュウダンスをつけた動画が数多く投稿されました。チャレンジ広告を活用するには、いかにバズりやすい動画を作成するかがカギになってきます。

ハイチュウのCMでは踊りというTikTokでバズりやすい要素を、簡単に真似できるという特徴で促進することに成功しました。このように「TikTokでバズりやすい要素×真似しやすい」というのは、TikTokから広告を一気に拡散させる一つのコツです。

コカ・コーラ

出典:TikTok

「日本コカ・コーラ」では「コカ・コーラ」の販売促進のために「#リボンでありがとうチャレンジ」キャンペーンをTikTokで開催しました。

コカ・コーラでは期間限定でリボンボトルを出荷しており、ペットボトルについている帯をガイド通りにペットボトルに巻けばリボンのようなきれいな見た目になります。コカ・コーラをしゃれた見た目で他の方のプレゼントして送れたりする、面白いボトルです。

#リボンでありがとうチャレンジキャンペーンでは #リボンでありがとうチャレンジをつけてTikTokでリボンボトルに関する動画を投稿すると、抽選でQUOカードが当たる特典があり、渋谷の屋外ビジョンで自分の動画投稿が流れるかもしれないというチャンスもありました。

こういった特典やチャンスつきの投稿は受けやすく、多くの方が#リボンでありがとうチャレンジをつけて動画投稿を行いました。またコカ・コーラを購入するのが条件となるので、コカ・コーラの発売促進にもつながるキャンペーンでした。

このように特典やチャンスをつけて「UGC(ユーザーが投稿した、自社にとって有益なコンテンツ)」を増やせば、大きな集客が発生します。また自社の商品やサービスを投稿条件とすれば、販売促進につながるのも大きなメリットです。

まとめ

出典:TikTok

今回はTikTok広告とは何か、そして広告の出稿種類や費用、成功のポイントを事例を絡めながらご紹介してきました。SNSとして勢いのあるTikTokですが新興のサービスなので、今のうちに広告参入できれば競合に対して大きなアドバンテージが狙えます。

ただしメインユーザーが現在10~20代の女性が多いこと、出稿にはある程度余裕をもって費用を見積もる必要があることなどはしっかり頭に入れておきましょう。TikTok広告を上手く活用して、集客を成功させましょう。

Webマーケティングをもっと楽しみたい方へ
ウェマー!!オンラインサロン

湘南・鎌倉界隈で開催するWebマーケティング&集客勉強会『ウェマー!!』。そのリアルイベントから派生したオンラインサロンです。堅苦しくなく、ゆるい雰囲気でWebを学び合う部活動のようなコミュニティを目指しています。