いまさら聞けない、インスタグラム広告とは?広告種類や成功のコツなど幅広く解説


 

日本国内では「フェイスブック(Facebook)」の2,600万人を上回る3,300万人のアクティブユーザーを獲得し、世界的にも最大規模のSNSの1つである「インスタグラム」。そのインスタグラムに広告を出せる「インスタグラム広告」は、多くの企業が参入して集客に利用しています。

インスタグラム広告はピンポイントな集客をするのにも向いています。そして低価格で出稿できるので、中小規模の企業でも広告を出稿できるのもよいところです。

今回は総括としてインスタグラム広告とは何か、そして種類や出稿方法、費用や事例、成功のコツなどを幅広くご紹介していきます。「インスタグラム広告とは何か知りたい」、「インスタグラム広告の特徴などをしっかり把握しておきたい」という方はぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

そもそもインスタグラム広告とは

インスタグラム広告とは、インスタグラム上に広告を表示できるサービスです。

インスタグラムのメインユーザーは10~20代の若い女性なので、化粧品やグルメなど、女性に関係の強い商品やサービスはインスタグラム広告に向いています。ただし最近は商品カタログ代わりなどにインスタグラムを見る男性の数も増えており、若い男性をターゲットとした商品やサービスの訴求の場としても十分魅力的です。

インスタグラム広告は「広告」というマークはつくものの、基本的なレイアウトは通常の投稿と変わりません。ですから表示されてもユーザーに嫌がられにくいのがメリットと言えます。そして料金やターゲティングも細かく設定できるので、自社に合った方法で広告を出稿できるのもよいところです。

これはインスタグラムがフェイスブックのグループとなり、フェイスブック広告の一部のような扱いでインスタグラム広告を利用できることに関係があります。

フェイスブック広告ではフェイスブックに蓄積されたデータをもとに料金やターゲティング設定が可能です。そしてインスタグラムでも同じシステムが使えるので、フェイスブック広告と同じようなピンポイントでコストパフォーマンスのよい広告を出稿できます。

インスタグラム広告の種類

インスタグラム広告には、次のような種類があります。

  • 写真
  • 動画
  • カルーセル
  • ストーリーズ
  • コレクション
  • インスタントエクスペリエンス

写真

出典元:Instagram for Business

インスタグラム広告の最も基本的なタイプです。通常の投稿と同じように画像と文字を用意し、広告出稿を行います。初心者でも簡単に広告を作成できるのがメリットです。

ただしより訴求性を高めたい場合は、これから説明する各出稿方法も検討してください。写真投稿の詳細はこちらをご覧ください。

動画

出典元:Instagram for Business

その名の通り、動画を使って訴求する広告タイプです。情報密度が高い、それでいてダイナミックな動画でユーザーに訴求できる強みがあります。

アプリなど、実際に映像を見ないとアピールポイントが分かりにくい商品やサービスに最適な広告タイプです。詳しくはこちらをご覧ください。

カルーセル

出典元:Instagram for Business

カルーセル広告はスライド機能を利用することで、 同じ表示領域に複数の広告を表示できる広告タイプです。ユーザーは表領域をスライドさせて複数の画像や動画を閲覧できるので、商品やサービスに関して伝えたい情報が多いときに活用できます。

ただしあまりに画像や動画の数が多いとユーザーが混乱してしまうため、上限である10枚いっぱいまで広告を用意するのはおすすめできません。カルーセル広告を使う際は、伝えたい情報を絞りましょう。その他にもルールなどがあるのでこちらをご覧ください。

ストーリーズ

出典元:Instagram for Business

ストーリーズでは、インスタグラムのストーリーズに広告を出稿できます。画面いっぱいに広告が表示されるので、通常の投稿より訴求力の高くできます。

ストーリーズの投稿は24時間で消滅するのが特徴で、リアルタイムな投稿が多く投稿されます。その流れに合わせて、キャンペーンなどリアルタイム性の強い広告を出稿するのがポイントです。詳しくはこちらをご覧ください。

コレクション

出典元:Instagram for Business

コレクションタイプの広告では、メイン画像や動画の下に自社の商品やサービスの小さい画像をいっしょに表示可能です。小さい画像をクリックするとカタログ形式で商品やサービス一覧が表示されます。

コレクションタイプの広告は、ECサイトと相性がよいです。例えばコレクション広告で興味を持ってくれた方が「この商品やサービスを使ってみたい」と思ったときに、熱意が高いうちにECサイトへの動線を作ってコンバージョンへつなげられます。

  • 見出し・・・ 25文字以内推奨
  • テキスト・・・90文字以内推奨
  • メイン画像/動画・・・1:1、16:9などに対応。1:1よりも縦長なコンテンツは非対応 、最小幅、高さはともに500Px

が配信の条件になっています。

インスタントエクスペリエンス

出典元:Instagram for Business

インスタントエクスペリエンスは以前「キャンバス広告」とも呼ばれていた広告出稿タイプで、言ってしまえば「インスタグラム上でWebサイト(LP)を表示する」ような広告タイプです。

ユーザーが広告をタップすると画面いっぱいに画像や動画が表示され、下にスクロールすると商品やサービスの詳細内容が表示されます。通常のインスタグラム広告でWebサイトリンクなどを貼って誘導を行っても、離脱してしまう方が多くおくいらっしゃいます。インスタントエクスペリエンスではインスタグラム内で直接LPページのようなコンテンツを表示することで、離脱を防ぎ効率的なユーザー集客が可能になります。

また画面いっぱいにコンテンツが表示されるので、ストーリーズ広告のようにユーザーの目を引きやすい広告を作成できます。

  • テキスト・・・ブロックごと最大500文字まで
  • メイン画像や動画・・・最大20枚まで(動画は2分以内)、最大幅1,080Px、最大高1,920Px (動画の解像度は720Px以上)
  • ボタン・・・1つ以上配置する必要あり、高さ推奨48Px、テキストは最大30文字まで
  •  

と配信設定に条件があるので、公式でも内容を確認しておきましょう。

インスタグラム広告の出稿方法

インスタグラム広告には、次のような手順で出稿を行います。

  1. アカウントを登録する
  2. キャンペーン目的を選ぶ
  3. 広告セットを作成する
  4. 広告を設定して公開する
  5.  

1.アカウントを登録する

先ほども言ったとおり、フェイスブック広告とインスタグラム広告は連携しています。ですからまずはフェイスブック広告を作成できるように、「フェイスブックビジネスマネージャー」に登録しましょう。そしてそれに自社のインスタグラムアカウントを連携させます。

2.キャンペーン目的を選ぶ

次にキャンペーン目的を選んでいきます。

  • ブランドの認知度アップ
  • リーチ
  • トラフィック

などいくつかの項目から、自社の目的に合ったものを選んでいきます。

ちなみにインスタグラム広告は「とりあえず出稿すれば成果が出るから大丈夫」、というような気持ちで利用してはいけません。明確に自社目的が決まっている上で、それを落とし込まないとインスタグラム広告は成功しません。この段階で設定に迷ったときは目的があやふやなので、もう一度はっきり目的を決めましょう。

3.広告セットを作成する

目的設定の後は、広告セットを作成していきます。ターゲティング設定などもこの段階で行っていきます。

広告に使用する予算や掲載期間、広告のリンク先などの設定などを行い、それからターゲットユーザーの

  • 年齢や性別
  • 住んでいる地域
  • 興味や関心
  •  

などを設定して、ターゲットユーザーに広告が表示されやすいように調整していきます。

自社で広告を運用する場合は、一度で結果が出るとは限りません。改善点はたくさんあるはずなので、PDCAサイクルを回して改善点を施策に落とし込み、よりよい広告を出稿できるようにしましょう。

4. 広告を設定して公開する

最後に広告タイプに合わせたコンテンツをアップロードし、実際に公開します。それぞれの条件に合わせた画像や動画を用意して、広告を整えていきましょう。

設定のより詳しい方法や注意事項などは、下記ページにまとめてあります。気になる方はぜひこちらもチェックしてみてください。

インスタグラム広告の出し方!登録・選定・作成・公開の4ステップ

インスタグラムの費用や課金方法

ここからは実際にインスタグラム広告にどのくらいの費用がかかるのか、そして課金方法をご紹介していきます。

インスタ広告の費用目安

インスタ広告は「セルフサーブ型(予算などの広告設定を自社で行えるタイプ)」なので、コストを抑えた広告出稿が可能です。やろうと思えば最低金額100円から出稿できますが、当然これでは安すぎなので、結果は出ません。

確実に結果を出すためには、「最低1日当り1000円、月額3万円」が一つの目安となります(広告1つ当りにかける費用)。セルフサーブ型でないと数百万かかるケースもあるので、それと比較するとかなりお得に広告出稿できます。

インスタ広告課金方法の種類

インスタグラム広告の課金方法には、次の4つがあります。

  • CPC (Cost Per Click)・・・1クリックごとに課金
  • CPM(Cost Per Mille)・・・1,000回表示ごとに課金
  • CPI (Cost Per Install)・・・1アプリインストールごとに課金
  • CPV (Cost Per View)・・・動画が10秒以上再生されたら課金

「コンバージョン目的でのインスタグラム広告利用ならばCPCが基本」など、それぞれの課金方式には目的ごとに向いているものと、そうでないものがあります。それぞれの目的に合った課金方式にすれば、最大限のコストパフォーマンスが見込めるでしょう。

詳しい目的ごとの課金シチュエーションなどは、下記記事でご紹介しています。筆者が執筆しているので、興味のある方はぜひご覧ください。

インスタ広告の費用相場や課金形式まで解説【運用時のポイントもご紹介】

過去の事例や、成功のコツ

ここからは、インスタグラム広告で成功した過去の事例をご紹介していきます。

LINEトラベルjp

出典元:Instagram

国内最大の旅行比較サービスである「LINEトラベルjp」では、アプリ「トラベルjp 旅行ガイド/格安旅行の価格比較・予約」のインストール誘導などを目的にインスタグラム広告を利用しました。

LINEトラベルjpでは、美しい旅行地の風景を動画で広告表示することで、多くのユーザーの目を引きつけました。また冒頭でテロップを加えるなどして、ストレートにアプリの特徴を訴求できるようにしました。結果的にインストール数増加だけでなく、顧客獲得単価の低下なども達成しました。

インスタグラム広告は化粧品など物販業だけでなく、旅行などの映える映像が撮影できるサービス業とも相性のよいサービスです。そして動画を利用して、さらに伝えたい情報を凝縮して、効率よく伝えられます。

あなたの会社でもサービスについて広告を行う場合は、映える映像を用意した上で伝えたい情報を効率よく伝えられるような構成でインスタグラム広告を出せば、成果が出やすくなります。

Volvo(ボルボ)

出典元:Instagram

スウェーデンに本拠を置く大手カーメーカー「ボルボ・カー・コーポレーション」は、インスタグラム広告でバーチャル試乗動画を掲載しました。

バーチャル試乗動画では、親指だけで簡単にアピール対象の車に試乗したかのような体験を味わえました。さらにターゲティング設定も細かく、「都市部で自動車購入を考えている、ボルボに興味のあるユーザー」として車をアピールしたいユーザーに効率的なアプローチをかけることができました。これにカルーセル広告などを組み合わせて、購買の活性化を一層高めています。

あなたの会社でもユーザーの動きとと連動させたダイナミックで訴求力の高い動画を使えば、ユーザーがより商品やサービスについて理解を深められます。またターゲティング設定を正確に行い、他の広告とも連携させればよりコンバージョンを獲得しやすい体制を構築できます。

Dairy Queen (デイリークイーン)

出典元:Instagram

アメリカに本拠を構えるファストフードチェーン「Dairy Queen (デイリークイーン)」は、自社主力商品の「Blizard(ブリザード)」を使ったインスタグラム広告を企画しました。

この企画はデイリークイーンが行っている「Upside Down or Free」というキャンペーンに合わせたもので、「ブリザードはさかさまにしても中身がこぼれない」という独特のコンセプトを、部屋から宙づりになった人をそのまま正面から撮影するという斬新な手法で表現しています。そして店員が逆さにしてブリザードをお客様に渡さなかったら次回無料で1個ブリザードがもらえるという内容を、見事に表現した動画広告になりました。

あなたの会社でも宙づりまでとは言いませんが、自社の商品やサービスのコンセプトに合わせた大胆な内容を動画広告で紹介すれば、話題性の高い広告で大きな集客効果を見込めるでしょう。国内だけでなく外国のインスタグラム広告の使い方も参考にすれば、より独自性の高い広告を制作できるようになります。

インスタグラム広告を計測するには

上記のような施策を成功させるには、インスタグラム広告の集客効果を計測しながら、よりよい広告を打つよう工夫する必要があります。フェイスブックビジネスマネージャーからインプレッション数やクリック数など必要な指標をグラフなどで簡単に把握して、計測が可能です。

また効果計測ツールを別途用意すれば、ヒートマップなどで広告効果をさらに細かく分析して施策に活かせます。本格的にインスタグラム広告の計測をしたい場合はこういったツールも活用してください。

ちなみにインスタグラム広告ではありませんが、インスタグラムの活用事例も他記事でご紹介しています。下にリンクを貼っておくので、インスタグラム集客の参考にご覧ください。

【成功事例もご紹介】インスタグラムで集客を成功させる3つのコツ

まとめ

今回はインスタグラム広告の概要や種類や出稿方法、費用や事例、成功のコツなどを分かりやすく解説してきました。

インスタグラム広告をマーケティングに上手く活用すれば、効果的に広告配信を行い、最大限の成果を残せるはずです。ぜひ本記事でご紹介した内容やリンクなどを参考にして、インスタグラム広告をマスターしてください。

またインスタグラム広告を成功させる上では、独自性の高い広告を打ち出せるかもカギになります。これからも最新情報などで企業のインスタグラム広告運用法などを調べ、自分のものにして独自性の高い広告を作っていきましょう。

 プロフィール:businessofd

 ウェブ制作やウェブマーケター、ウェブライターとしても活躍。 新しいITニュースが出れば即ググって徹底的に調べるITオタクの一面も。 ずっと読まれる分かりやすい記事を希求し続けている。

 

Webマーケティングをもっと楽しみたい方へ
ウェマー!!オンラインサロン

湘南・鎌倉界隈で開催するWebマーケティング&集客勉強会『ウェマー!!』。そのリアルイベントから派生したオンラインサロンです。堅苦しくなく、ゆるい雰囲気でWebを学び合う部活動のようなコミュニティを目指しています。