【Google広告をはじめよう!⑱】キーワード登録マッチタイプを理解しよう!


広告を出稿する際にキーワードの設定を行いますが、実はキーワードを登録していくにあたり、注意しておくべき点があります。「マッチタイプ」です。

キーワードの登録にマッチタイプの設定を考えずに広告を出すと非常に勿体ない広告になる可能性もあるので、この記事ではキーワード登録のマッチタイプについて解説していきます。

キーワードのマッチタイプとは

広告に設定したキーワードに対し、どのような検索語句で広告を表示させるかを選択するオプションの事をキーワードのマッチタイプと言います。

キーワードのマッチタイプは大きく分けて4種類に分かれており、この記事では例として「ハワイ 結婚式」といった複合キーワードでご説明していきます。

まず4種類に分かれているという事ですが、

・完全一致

・フレーズ一致

・絞り込み部分一致

・部分一致

という合計4種類のマッチタイプに分かれています。

この4種類のマッチタイプの中で一番広い意味合いで広告を表示させる機会を設けることが出来るのは、部分一致になります。つまり、最もキーワードを拡張させることが出来るのが部分一致のマッチタイプになり、表記・字体・並びを入力しないと表示されないのが完全一致となっています。

後に全てのマッチタイプをそれぞれ解説していきますが、その前にキーワードの類似パターン(表記ゆれ)について解説していきます。

キーワードの類似パターン(表記ゆれ)

例えば「ねこ」「猫」「ネコ」という言葉の意味合いは同じでも、漢字やカタカナ、平仮名といった表記に差がある場合、一昔前は全てそれぞれの表記を登録しないと広告表示が出来なかったんですが、現状のGoogleの認識能力は大幅に向上しているので、「猫」と打てば漢字でも平仮名でも色んな入力をしている人に対して登録キーワードが1つでも広告を表示させる事ができるようになりました。

同じぐ、「スマホ」↔︎「スマートフォン」などの略語・短縮系も同じ意味のキーワードとして認識されて広告を表示してくれる流れになっています。

ですので、それぞれの表記に合わせて個別に追加する必要は無く、1つの意味を成しているキーワードを入力しておけば大体は拾ってくれるものと捉えて頂ければ大丈夫です。

 

それでは各マッチタイプの解説をしていきます。

完全一致

完全一致は冒頭でもお伝えした通り、登録キーワードと検索語句が完全に一致する場合のみ広告を表示させるマッチタイプになります。

カタカナの「ハワイ」漢字の「結婚式」で、尚且つこの並びで入力された時のみ広告が表示させられます。

順番が違ったり、ハワイ 結婚式 以外のキーワードが入っている場合は広告は表示されません。

登録する場合はGoogle広告においてのデフォルトは部分一致になっているのですが、完全一致のマッチタイプで登録したい場合は、半角のカギかっこ([ ])でキーワードを囲って登録してあげる事により、完全一致として登録する事ができます。

フレーズ一致

フレーズ一致は、「ハワイ」「結婚式」というキーワードにマッチするキーワード、例えば「費用」だったり「芸能人」といった「ハワイ 結婚式」の表記の前後に何か入っていれば広告を表示させる。というマッチタイプの設定になります。

マッチしない検索語句としては、順序が変わったり、登録キーワードの間に他キーワードが入った際は広告が表示されません。

フレーズ一致で登録したい場合は(” “)の点々をキーワードの前後に入力するとフレーズ一致として登録されるようになります。

絞り込み部分一致

絞り込み部分一致に関しては「ハワイ 結婚式」という語句がどこかに入っていれさえすれば、広告を表示させる事ができるマッチタイプの設定となっています。

キーワードの順序や、キーワードの間に他の言葉が入っていても広告は表示されます。

マッチしない例としては、結婚式が違う同義語・類義語に変わっている場合は表示されません。

「ハワイ 結婚式」では無く、「ハワイ ウェディング」といったような場合です。

もしくは、結婚式というキーワードだけ入っていてハワイというキーワードが入っていない場合も広告が表示される事はありません。

絞り込み部分一致で登録したい場合は、登録するキーワードのそれぞれの前に半角のプラス(+)を入力すれば、絞り込み部分一致として登録されます。

部分一致

部分一致は先ほどお伝えした通り、デフォルトのマッチタイプとなっています。

つまり、カギかっこや点々、半角プラスを付けなければ、部分一致で登録される事になりますので、最初から部分一致で登録したい場合はそのままで大丈夫です。

部分一致はキーワードを拡張してくれるマッチタイプになっており、例えば結婚式の類義語・同義語(ウエディングや挙式)や、ハワイという語句に対しても「グアム」などが同じ南国として類義語と見なされて、広告が表示される事があります。

このように意図しない部分までキーワードを拡張される事も十分にあり得ますので、広告費が無駄になると思われます。

しかし、長い目で見れば「部分一致」の方が機械学習してくれやすくなるので、おすすめの方法としては、こまめに除外キーワードを削除しつつ、コンバージョンしたキーワードに対しては、マッチタイプを完全一致に設定し、予算に合わせて同じ広告グループないに入れていくという方法をオススメします。

Webマーケティングをもっと楽しみたい方へ
ウェマー!!オンラインサロン

湘南・鎌倉界隈で開催するWebマーケティング&集客勉強会『ウェマー!!』。そのリアルイベントから派生したオンラインサロンです。堅苦しくなく、ゆるい雰囲気でWebを学び合う部活動のようなコミュニティを目指しています。