話題のインストリーム広告!効果的な運用と、費用を解説します!

YouTube

インストリーム広告とは、YouTubeなどの動画サイトで流れる広告のことです。しかしインストリーム広告という言葉は知っていても詳しい内容や効果的な広告の作成方法などまではわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、このインストリーム広告についてお話ししようと思います。

インストリーム広告とは?

インストリーム広告とは、YouTubeなどの動画サイトで動画の前後中間で流れる広告のことを指すことは最初にお話ししました。またこのインんストリーム広告を目にしたことがある人も多く、動画広告手法としては、メジャーなものでもあります。このインストリーム広告は、動画ならではの映像や音楽などで広告を流すためバナー広告より、内容を効果的にユーザーに届けることができます。

インストリーム広告の種類

さて次にインストリーム広告の3つの種類についてお話ししようと思います。インストリーム広告は動画広告を流すタイミングにより3つに分けられます。それが以下の3つです。それぞれ詳しくみていきましょう。

プレロール広告

ユーザーが視聴したい動画が再生される前に配信されるもののことを指します。みなさんが一番目にしているインストリーム広告だと思われます。プレロール動画広告には強制視聴型とスキッパブル型があり、目的や用途に応じて使い分けする必要があります。

ミッドロール広告

ユーザーが視聴している動画の途中に配信される動画広告のことを指します。動画の途中で広告が流れるため、離脱率が低いことが特徴の一つです。こちらのミッドロール広告にも強制視聴型とスキッパブル型があり、動画視聴時に流れてくるプレロール広告よりストレスの少ない手法と言われている様です。

ポストロール広告

ユーザーが視聴した動画が終了した後に配信される動画広告のことを指します。ポストロールは動画終了後に広告が流れるため、よっぽど魅力的でユーザーの気を引く様な動画広告でない限り離脱率は上の二つより高くなってしまう傾向にあります。

 

この様に3つの種類がありました。それぞれの特性を生かし、目的や用途にあったインストリーム広告を配信することが重要です。

効果的なインストリーム広告

インストリーム広告は最後まで視聴されない可能性があることを知っておかなければなりません。広告は最後までみてもらう事が大切です。そこで最後までみてもらえる動画広告を作成しなければなりません。

そこで実際にインストリーム広告を作成しようと思った場合、どの様なことに注意をすればより効果的な広告を作成できるのか以下にまとめてみました。

冒頭5秒が重要

インストリーム広告は冒頭5秒でどれだけ興味を引けるかが大切です。5秒にインパクトのあるものを打ち出し、その後に広告を流すことも効果的かもしれません。続きの気になるという気持ちにさせることが大切ですね。

コンセプト設定をしっかり

何を伝えたいのかわからない動画になってしまわない様に、しっかりとコンセプトを決めることが大切です。ユーザーにより伝わりやすくするためにシンプルにすることが効果的な様です。

シナリオ作り

効果的な動画を作成するためにグッと心を掴むシナリオを作ることも必要です。短い時間でユーザーの興味をひくシナリオを作成することで、効果的な広告になります。

インストリーム広告は、テレビCMの様なものです。いかに短い時間でユーザーの興味をひく動画を作成できるかがキーポイントになります。

インストリーム広告の費用

インストリーム広告は、全て再生されて課金されるシステムです。30秒の動画全てをユーザーが視聴することで課金されるので、広告主にとっては負担の軽くなる広告手法です。

広告費用は、入札のため変動しますが数円から20円が相場のことが多い様ですね。

またスキップ不可のインストリーム広告の場合、費用はインプレッション数に基づき発生する仕組みになっています。目標インプレッション単価制で広告表示のたびに課金されるシステムです。

まとめ

今回はインストリーム広告についてお話しさせていただきました。動画広告の中でも効果的なでメジャーな手法と言われています。YouTubeなど動画サイトは年齢・性別に囚われることなく人気がありその広告においても十分に効果を発揮するでしょう。しかしそれには、商品や目的に適した広告を作成する必要があります。これからの広告手法として、このインストリーム広告を取り入れてみてはいかがでしょうか。

Webマーケティングをもっと楽しみたい方へ
ウェマー!!オンラインサロン

湘南・鎌倉界隈で開催するWebマーケティング&集客勉強会『ウェマー!!』。そのリアルイベントから派生したオンラインサロンです。堅苦しくなく、ゆるい雰囲気でWebを学び合う部活動のようなコミュニティを目指しています。