動画広告で効果を出したい人必見!効果的に出す方法を解説!

youtube-ad

 

広告掲載を始める時に、主流になってくるのが動画広告ですよね!

近年は動画配信サービスの媒体も増えていて、動画広告の需要はドンドン増えてきています。

しかし、ここで動画広告で効果を出すのに悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

広告できる媒体も多いですし、動画広告の種類も多いです。悩む事が多いですよね。

そこで今回は、動画広告をする上で効果を出すために抑えておきたいポイントをご紹介します。

オススメの媒体先もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

効果を出すために抑えておくべきポイント!

せっかく広告をするなら効果を出したいですよね。

いくつかポイントはあるのですが、今回は動画広告全般で効果を出せるポイント4つご紹介します!

動画広告を理解して目的を明確に

動画広告する目的を明確にすることにより、効果は出やすくなります。

何事も目的を明確にすることは必須ですよね。

「ブランティング」を目的にするのか、「認知拡大」を目的にするのか、「PV獲得」を目的にするのかなど動画広告する目的を明確にしましょう。

例えば、認知拡大を目的としている動画制作とPV獲得を目的にしている動画制作では大きく変わってきますよね。その目的と動画制作をイコールにする事が効果が出やすくなるポイントです!

まず、そのためには動画広告そのものを理解しなくてはいけません。

動画広告を理解して、明確な目的を持って広告しましょう。

ターゲットにするユーザーを決める

動画広告を見る人は大きく分ける事ができます。

「男性・女性」「大人・子供」「社会人・学生」など分類できます。

このように動画広告のターゲットを決めて動画制作する事が大切なポイントです。

ターゲットの人には、必ず刺さる動画制作をしなければいけません。

そのために、動画の冒頭でターゲットだけに伝わる投げかけをします。

しかし、ここで大切なのがターゲットにしていない人を排除しきるのではなく、動画が進むにつれて排除していきます。

そうすることにより、ターゲットは動画が進むにつれて、どんどん自分に向けて広告されている感覚がしてきます。「自分が対象の広告だ」と明確に伝える事ができれば、目的は達成する事ができるでしょう!

数秒でインパクトを与える動画

動画広告の種類によってはスキップできる広告方法や数秒しか広告できない方法など、基本的に5秒~10秒程度で伝えなければいけません。スキップは5秒広告を見るとできるようになります。

ここで大切なのが、その数秒でどれだけインパクトを与えられるかです。

数秒の動画を見て、「続きが見たい」「どんな商品なんだろ」などとターゲットの興味や関心を引く事ができれば成功です。

何分も視聴させる事ができるのならばじっくり時間を使って広告すればいいのですが、スキップされてしまう可能性を考えると、数秒でどれだけのインパクトを与えられるかが肝心です!

動画ならではの臨場感

動画広告では、文字や絵では出す事ができない臨場感を表現できます!

例えば、食べ物の広告ですと、どれだけ美味しそうと伝える事ができるか、ここが肝心です。

それは確実伝える事ができるのは、画像ではなく臨場感のある動画ですよね。

旅行の広告ですと、その土地に行きたいと思わせれるような臨場感が大切です。

ただ、値段や観光地を伝えるのではなく、海の魚を臨場感を持って伝えたりなど、とにかく動画しか出せない臨場感を持って動画制作する事が効果を出せるポイントです!

動画広告を出せる媒体は?

近年はインターネットの普及つれて、動画広告を出せる媒体も増えてきています。

主流な媒体は下記になります。

・YouTube

・Instagram

・Facebook

・Twitter

・TikTok

・YDN

など多くの媒体で動画広告ができるようになってきます。

近年急上昇している媒体もあれば、下降気味な媒体もありますし、媒体によって利用者数や性別、年齢なども変わってきます。

では、どの媒体で動画広告すればいいのでしょうか?

効果的な媒体先は?

最もオススメの媒体は「YouTube」です。

利用者の数を比べましても圧倒的な数を誇っていますし、特に若い世代はテレビよりYouTubeを見る事が増えているため、効果が出やすい媒体になっています。

さらに、YouTubeでは、動画の前後、動画の途中に広告を挟む事ができますので、音声付きで再生される事がほとんどです。

他の媒体ですと、音声が再生されない事が多く、伝えたい事が伝わらない事が多くあります。

利用者数や音声が再生されることから最も効果を出しやすい媒体でしょう!

しかし、近年急上昇している媒体が「TikTok」です!

若者を中心に人気が増えていき、芸能人の参入などもありドンドン上昇していってます。

TikTokもYouTube同様に、動画投稿サービスですので、広告に違和感を感じません。

広告方法も3種類あるため、広告方法に困ることもないでしょう!

今のままの上昇を続ける事がありますと、YouTubeを抜き最も効果的な媒体になってもおかしくないです。

まとめ

今回動画広告で効果を出すポイントについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

今回ご紹介したように、動画広告で効果を出すには、ポイントをポイントを抑える事が肝心です。さらに、動画広告する媒体も非常に大切になってきます。媒体選びにもしっかり時間をかけて慎重に選びましょう。

そして、動画広告で圧倒的効果を生み出せるようになりましょう!

Webマーケティングをもっと楽しみたい方へ
ウェマー!!オンラインサロン

湘南・鎌倉界隈で開催するWebマーケティング&集客勉強会『ウェマー!!』。そのリアルイベントから派生したオンラインサロンです。堅苦しくなく、ゆるい雰囲気でWebを学び合う部活動のようなコミュニティを目指しています。