【Google広告をはじめよう!㉖】広告バナーはどういったWEBサイトに配信できるのか?


広告を配信するにあたって、バナーはどういったサイトに配信できるのか。

広告運用の経験が浅い方であれば、こんな風に思った事はあると思います。

配信先をを選択する事は、それぞれに合ったターゲティングが異なってくるのでこの記事では、どんなサイトに配信するか、3つの設定方法を1つ1つ解説していきます。

キーワード(コンテンツターゲット)

キーワドーターゲティング(コンテンツターゲティング)についてですが、広告に設定したキーワードに基づいて、関連性が高いGDNのサイトに広告を表示される事になっています。

Google広告の管理画面から確認できるように、一定のキーワードを登録しておいて、このキーワードに関連するサイトに表示させる広告のバナーも設定しておいて下さい。

そうすると、設定したキーワードに関連するサイトの中に関連するようなキーワードがあるとシステムが認知すれば、配信先のサイトにバナーを表示させる事が出来ます。

※補足になりますが、ニュースサイトなどにも設定しているキーワードと関連していれば広告バナーが表示される事もあるので、基本的にはキーワードでターゲティングを行なっていると認識して頂ければ大丈夫です。

トピック(コンテンツターゲット)

次にトピックターゲットについてですが、選択したトピックに関連性が高いコンテンツが掲載されているサイトに広告が表示されます。

Google広告の管理画面から、ここから選んでくださいというトピックに関連性の高いコンテンツが掲載されているサイトに広告を表示させる設定を行う事が可能ですし、時期によって変動する可能性がありますが、Google側が用意しているトピックの一覧を設定画面から表示してくれるので、その中から選ぶ事が出来ます。

基本的なトピックターゲティングは以上になります。

※また補足になりますが、上記でお伝えした補足のようにニュースサイトへの表示はトピックの設定では配信されません。

設定したキーワード関連のサイトのみに表示されるという事になっています。

プレースメント(プレースメントターゲット)

最後に紹介するのが、プレースメントターゲットになります。

プレースメントターゲットは、設定した特定のWEBサイトやアプリだけに配信されるというターゲティングです。

設定方法としては、広告バナーを表示させたいサイトのURLをコピーして管理画面にて貼り付けて設定をして頂ければ広告バナーを配信する事が可能です。

URLの設定は複数可能なので、ある程度の絞り込みを行なって頂ければ大丈夫です。

まとめ

注意点

広告バナー表示をさせる配信先において、この記事で紹介した3つの設定方法です。

どの設定がターゲティングに合っているのか。そういったポイントを検討して頂きながら広告配信を運用して頂ければと思います。

ライタープロフィール

勝原 潤
勝原 潤株式会社ウィニングフィールド 代表取締役
富山県出身。通信機器の販売代理店~エンタメ・雑誌・広告業界~外資系広告代理店のデジタルマーケティング部を経て起業に至る。現在は中小企業・店舗、物販通販事業者、個人事業主を中心にWebの広告運用代行事業やWebコンサルティングとWebマーケター養成講座の開講、動画コンテンツ販売などを展開中。

<認定資格>
Yahoo!リスティング広告認定プロフェッショナル
Google Partner(Google AdWords 認定資格)
Googleインドアビューセールスパートナー

Webマーケティングをもっと楽しみたい方へ
ウェマー!!オンラインサロン

湘南・鎌倉界隈で開催するWebマーケティング&集客勉強会『ウェマー!!』。そのリアルイベントから派生したオンラインサロンです。堅苦しくなく、ゆるい雰囲気でWebを学び合う部活動のようなコミュニティを目指しています。