HOME/Google広告/【 Google広告をはじめよう!⑦】GDNの仕組みと配信面について解説
2020.10.16

【 Google広告をはじめよう!⑦】GDNの仕組みと配信面について解説

インターネット広告の中で、精度が高い広告の1つとして注目されているGoogleディスプレイネットワーク(GDN) 広告担当者の方や、Webマーケティングを行っている方であれば一度は耳にした事もあると思いますが、今一度Googleディスプレイネットワーク(GDN)の基本についてお伝えしていきます。 今回の記事では、Googleディスプレイネットワーク(GDN)の基本情報や配信にあたって重要な事について解説していきます。

Googleディスプレイネットワーク(GDN)とは?

Googleは様々なWEBサイトやYouTubeなどに広告を配信する事が可能です。 例えばGoogleが提携しているパートナーサイト、またサイトに限らずGoogleアドセンスといった広告枠を用意しているアプリやYoutube動画などに広告を配信する事が可能となっており、加えてGmailやGoogleマップなどのGoogle関連サイトにも配信する事も可能です。

ディスプレイ広告では1番のシェアを誇る

Googleと提携しているWEBサイトはとても多く、なんとインターネット人口の92%へのリーチも誇っています。 200万以上のWEBサイト・65万以上のモバイルアプリ上の広告枠にテキスト広告・バナー広告・動画広告・レスポンシブ広告といった多様な広告フォーマットにて出稿できます。 このように様々なところへ配信する事がGoogleディスプレイネットワーク(GDN)の特徴となっています。 つまり、ユーザーがサイトやアプリ、動画を閲覧している視界に広告を配信できるのはGoogleが1番シェアを取っていると言っても過言ではないと言えるでしょう。

広告配信方法

Googleディスプレイネットワーク(GDN)を利用して広告を配信する際に、まず重要となってくるのがターゲティングです。 どんなWebサイトに配信するのか、どんなユーザー層に向けて配信するのか。というターゲットを定める事から始めます。 宣伝したい商品やサービスに関連しているカテゴリーのサイトだったり、指定しているキーワードに関連しているようなページへの配信や、特定しているサイトだけにも広告を打つ事も可能です。 ユーザー層を決定していくにあたっても同じで、年齢層や性別、子供の有無などを設定して配信する事ができます。 他にも、商品やサービスに興味や関心があるユーザーや行動・購買に対する熱量の高いユーザーにアプローチをかける事も可能です。 あとは関連しているサイトを閲覧した事のあるユーザーといった見込み客をターゲットに広告を配信する事も可能です。 Googleが精査した行動パターンを自動的に分析してくれるので、配信する際に設定しておくと精度の高い広告を出す事ができます。

関連性が高いユーザー層に広告を配信できる理由

上記では、細かい部分までターゲット層を絞れるとお伝えしましたが、なぜそこまで繊細なターゲティングが出来るのでしょうか。 それは、Googleは基本的に全てのユーザーに対して検索履歴や行動パターンを記録しています。 そういったビッグデータの中からユーザーの人物像を割り出してパーソナライズを行い、広告主に情報を提供していると言われています。 つまりGoogleは様々な角度からユーザーの行動を見て、情報を割り出して広告主に提供をしているという事から広告の精度が高いという事に繋がります。 こういった情報を元にGoogleディスプレイネットワーク(GDN)では、サイトだけではなく 「人」にターゲティングする事が可能です。 この精度の高さを理解していれば、さらに広告を配信する際にターゲットを決めやすくなると思います。 是非、アプローチをしたい商品・サービスに合ったターゲットを絞って効率の良い広告に仕上げてみて下さい。

ライタープロフィール

勝原 潤
勝原 潤株式会社ウィニングフィールド 代表取締役
富山県出身。通信機器の販売代理店~エンタメ・雑誌・広告業界~外資系広告代理店のデジタルマーケティング部を経て起業に至る。現在は中小企業・店舗、物販通販事業者、個人事業主を中心にWebの広告運用代行事業やWebコンサルティングとWebマーケター養成講座の開講、動画コンテンツ販売などを展開中。

<認定資格>
Yahoo!リスティング広告認定プロフェッショナル
Google Partner(Google AdWords 認定資格)
Googleインドアビューセールスパートナー

RECOMMENDこちらの記事も人気です!