【 Google広告をはじめよう!⑤】アカウント構造ってなに?大切な4つの要素!


 

Google広告に必要な4つの要素

Google広告のアカウントはGメールのアカウントがあれば誰でも作成できます。

その広告アカウントは以下4つの要素で構成されています。

・キャンペーン

・広告グループ

・KW

・広告文

 

それぞれの内容を、詳しく見ていきましょう。

キャンペーン

施策の目標と配信方法を決める部分のことを指します。

・配信方法の設定

・予算設定

・入札戦略

・オーディエンス/時間帯/地域

などの設定はキャンペーンで行います。

 

キャンペーンでは、達成したい目標を設定できます。目標を選択することでGoogleがそれに合わせた最適な配信方法を提案してくれます。

 

配信方法は

 

・検索広告

・ディスプレイ広告

・ショッピング広告

・動画広告

・アプリ広告

 

から最適なもの、配信したい方法を選んで設定します。

広告グループ

広告グループでは実際にどんな広告を配信するかを決定できます。

・KW

・広告文

・オーディエンス設定

などは広告グループ単位で設定を行うことができます。

KW

検索広告を配信する際はKWを入稿します。

どんなKW検索したユーザーが見込み顧客となり得るのか、考えて設計を行なう必要があります。

 

KWの設定の助けとなるのが「キーワードプランナー」と呼ばれるツールです。

これを使用することで、KWのボリュームや入札金額をおおよそ把握することができます。

広告文

実際にユーザーが目にする広告はこの部分です。

検索広告であれば「見出し」「説明文」「表示URL」「広告表示オプション」などから構成されます。

GDNであれば「画像」「広告文」の設定が可能です。

 

KWやサービスと大きく異なる広告文では、クリックされてもすぐに離脱されてしまいます。KWやサービスとの整合性を考えながら、ユーザーにわかりやすいよう簡潔な文章でまとめることが重要です。

 

まとめ

キャンペーンや広告グループは、入札するKW毎に細かく分けていくのが主流でした。しかし、現在はキャンペーン・広告グループは最低限の分割にし、できるだけシンプルな構造にすることが推奨されています。

広告アカウントの4つの要素を理解して、最適な広告を作成しましょう!

Webマーケティングをもっと楽しみたい方へ
ウェマー!!オンラインサロン

湘南・鎌倉界隈で開催するWebマーケティング&集客勉強会『ウェマー!!』。そのリアルイベントから派生したオンラインサロンです。堅苦しくなく、ゆるい雰囲気でWebを学び合う部活動のようなコミュニティを目指しています。